「BB2 MOVIE 2」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 MOVIE 2」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けBody Burnシリーズで、レッスン使用曲に映画のサウンドトラックのみを採用した期間限定特別プログラムの第2弾です。

2021年リリースのプログラム。FEELCYCLEが2010年以降の映画主題歌「人生観、生き様、青春、友情」をテーマに厳選した曲で構成されたムービーシリーズ。映画『グレイテスト・ショーマン』から”The Greatest Show”、映画『バーレスク』から”Express”、映画『それでも夜は明ける』から”Move”などを選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

初回提供は2021年11月1日〜11月31日。
以後は、RESURECTION等の期間限定イベント、FEEL ANYWHEREで提供されています。

使用するハンドルポジションは、ポジション2、ポジション3、ポジション1の3ヶ所。
ダンベル1曲を含み、ダンベル後に2曲ある11曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 MOVIE 2の強度

直近のBB2ヒットシリーズとFEEL NOWと同等の強度だと感じました(並強度)

全体的に立ちこぎしながらの動作が多めです。
ポジション3ダブルタイムも度々登場しますが、1本1本が長くありません。
ランが登場するのはラストソングの1曲のみ。
ポジション3ランの3本セットで曲単体ではそこそこの強度です。
しかし、ラストソングに至るまで脚に負荷がかかる場面が限られることから、比較的余裕あるコンディションで臨めます。

走破のポイント

視線は正面を意識

バックトゥアップやプッシュアップ等、視線が下を向いてしまう動作が多め。
アプローチを高めるために視線は正面のインストラクターさんを捉える位置で固定。
速い動作は限られるため、1つ1つの動作を丁寧に。
腕、胸、お腹、脚といった全身が伸び縮みを感じながら動作を進めると良いと思います。

速い動作はリズミカルに

1曲目から唐突に登場するプッシュアップシングルカウント、4曲目のサイサイのコンビネーション、6曲目の少し速いダブルタイムでのエルボーダウンあたりが、速くて難度が高いと感じました。
動作序盤で曲のリズムに乗っかれると、後は同じペースで繰り返すだけ。
余裕を持って臨めるよう、体の余計な力を抜いたリラックス状態の維持を。

ダンベルは油断禁物

フライ単体とフライとのコンビネーションが続きます。
アームカールとショルダープレスが休憩タイムですが、残りはたっぷりフライ。
クローズできっちり肘を付けるくらいのアプローチを心掛けている人にとってはかなり辛いセットではないでしょうか。
中途半端なアプローチになるよりは、普段使っているダンベルサイズから1つ下げて各動作をきっちりこなしていく方が良いと思います。

各曲の動作と強度

🚲01【from:The Greatest Showman(グレイテスト・ショーマン):2017年】
The Greatest Show / Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
5:02
[P3↑×RH:BPM158]
[TAP IT BACK / TAP & PUSH / PUSH UP]

タピバ、タップ&プッシュ、プッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、イントロ直後からタピバ
→ダブルタップ。
サビでタップ&プッシュ。

2セット目は、プッシュアップシングルカウント。
サビからタップ&プッシュ。
ダブルタップ。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
3セット目は、サビ途中からタピバ。
タップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

プッシュアップでは二の腕に体重をのせて。シングルカウントは姿勢を低くして。


🚲02【from:Rocketman(ロケットマン):2019年】
(I’m Gonna) Love Me Again (From “Rocketman” / Purple Disco Machine Remix) / Elton John & Taron Egerton
3:25
[P3↑×RH:BPM123]
[BACK TO UP / ELBOW DOWN]

バックトゥアップとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ2カウント。
エルボーダウン2カウント→ライト&レフト。
バックトゥアップ2カウント+2エルボーダウンボースハンド2カウント。
バックトゥアップ2カウント+エルボーダウンライト&レフト2カウント。

2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
バックトゥアップ2カウント+2エルボーダウンボースハンド2カウント。
バックトゥアップ2カウント+エルボーダウンライト&レフト2カウント。

シラタキ
シラタキ

エルボーダウンはお腹を縦に縮めて。プッシュアップとは逆にハンドル体重をのせないように。


🚲03【from:Burlesque(バーレスク):2010年】
Express / Christina Aguilera
4:20
[P3↑P2↓× RH⇔DT:BPM107]
[SIDE TO SIDE / PUSH UP / P3DT / BACK TO UP / STANDING FAST]

サイサイ、プッシュアップ、バックトゥアップ、スタンディングファストのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、サイサイ。
プッシュアップ2カウント。
サビでダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→バックトゥアップ2カウント(16カウント分)

2セット目は、リズムへ減速しながら、サイサイ。
プッシュアップ2カウント。
サビで再びダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→バックトゥアップ2カウント(16カウント分)

減速せずに座ってポジション2ダブルタイム。
3セット目は、スタンディングファスト8カウント→4カウント。

シラタキ
シラタキ

終始肩に力が入りやすい。上体は常にリラックスを。


🚲04【from:The Bucket List(最高の人生の見つけ方):2007年】
Say / John Mayer
3:50
[P3↑P2↓× RH:BPM168]
[SIDE TO SIDE]

ひたすらサイサイのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビ後からサイサイ4カウント
→サビで2カウント。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、サイサイ2カウント
→4カウント&2カウント(右右左右→左左右左の繰り返し)

シラタキ
シラタキ

サイサイで肩だけが先行しないように。上体全体を並行に移動するイメージ。


🚲05【from:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)):2014年】
Crazy / Gnarls Barkley
2:57
[P3↑× RH:BPM112]
[BACK TO UP / PUSH UP]

プッシュアップとバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サビでプッシュアップ2カウント。

バックトゥアップ2カウント。
サビで2プッシュアップ2カウント+バックトゥアップ2カウント。

プッシュアップ2カウント。バックトゥアップ2カウント。サビで2プッシュアップ2カウント+バックトゥアップ2カウント。

シラタキ
シラタキ

ハンドルを握る腕に頼らずお腹で支えて。


🚲06【from:12 Years a Slave(それでも夜は明ける):2013年】
Move / John Legend feat.Fink
3:50
[P1↓× DT:BPM132]
[ELBOW DOWN]

ダブルタイムでひたすらエルボーダウンのセット。

ポジション1ダブルタイムスタート。
エルボーダウン4カウントをしばらくやった後は、曲の最後までたっぷりエルボーダウン2カウント。

シラタキ
シラタキ

ポジション1でのエルボーダウンは、ポジション2よりハンドルに体重がのりやすい。お腹を縦に縮める意識を。


🚲07【from:Wonder(ワンダー 君は太陽):2017年】
Brand New Eyes (From “Wonder”) / Bea Miller
3:27
[P3↑× RH:BPM120]
[BACK TO UP / SIDE TO SIDE / BACK TO SIDE]

バックトゥアップとサイサイのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ4カウント→2カウント。
ドロップでサイサイ。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
ドロップで4バック4サイド
→2バック2サイド。

シラタキ
シラタキ

サイサイは比較的速め。小幅でも上体全体を全体を揺らすように。


🚲08【from:StreetDance 3D(ストリートダンス/TOP OF UK):2010年】
Beggin / Madcon
3:36
[P2↓P3↑× DT:BPM129]
[PUSH UP / PUSH & ELBOW / P3DT]

ダブルタイムでプッシュアップ、プッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント。
プッシュ&エルボー2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント。
座ってプッシュ&エルボー2カウント→2プッシュ2エルボー。

2セット目は、プッシュアップ&エルボー2カウント。スタンディングファスト4カウント。サビでポジション3ダブルタイム32カウント→プッシュ&エルボー2カウント(32カウント分)

シラタキ
シラタキ

プッシュアップ後のエルボーダウンでハンドルに体重をのせないように。


🚲09【from:Hidden Figures(ドリーム):2017年】
I See a Victory / Kim Burrell & Pharrell Williams
3:07
[↓:BPM95]
[DUMBBELL]

アームカール、ショルダープレス、フライのダンベルセット。

1セット目は、アームカール2カウント。
フライ2カウント。
サビでアームカール+フライ2カウント。

2セット目は、ショルダープレスライト&レフト2カウント。
フライ2カウント。
サビでショルダープレスライト&レフト+フライ2カウント。
アームカール+フライ2カウント。
ショルダープレスライト&レフト+フライ2カウント。

シラタキ
シラタキ

フライのクローズでは両肘をしっかりつけたい。


🚲10【from:RBG(RBG 最強の85歳):2018年】
I’ll Fight / Jennifer Hudson
3:19
[P3↑× RH:BPM82]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビからタピバ。

2セット目は、ダブルタップ→サビでシングルタップ→曲の最後までダブルタップ。

シラタキ
シラタキ

肩に力が入らないように。


🚲11【from:Abominable(スノーベイビー):2019年】
Beautiful Life (From the Motion Picture Abominable) / Bebe Rexha
3:23
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / P3RUN]

ダブルタイムでエルボーダウン、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ラン32カウント。

2セット目は、エルボーダウン2カウント
→ライト&レフト。
ドロップでポジション3ラン32カウント。

3セット目は、エルボーダウン2カウント。
サビでポジション3ラン64カウント。

シラタキ
シラタキ

エルボーダウンを流して終わらないように。お腹の縮みを感じながら。

スポンサーリンク

BB2 MOVIE 2のセットリスト

🚲01
The Greatest Show / Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
[TAP IT BACK / TAP & PUSH / PUSH UP]

🚲02
(I’m Gonna) Love Me Again (From “Rocketman” / Purple Disco Machine Remix) / Elton John & Taron Egerton
[BACK TO UP / ELBOW DOWN]

🚲03
Express / Christina Aguilera
[SIDE TO SIDE / PUSH UP / P3DT / BACK TO UP / STANDING FAST]

🚲04
Say / John Mayer
[SIDE TO SIDE]

🚲05
Crazy / Gnarls Barkley
[BACK TO UP / PUSH UP]

🚲06
Move / John Legend feat.Fink
[ELBOW DOWN]

🚲07
Brand New Eyes (From “Wonder”) / Bea Miller
[BACK TO UP / SIDE TO SIDE / BACK TO SIDE]

🚲08
Beggin / Madcon
[PUSH UP / PUSH & ELBOW / P3DT]

🚲09
I See a Victory / Kim Burrell & Pharrell Williams
[DUMBBELL]

🚲10
I’ll Fight / Jennifer Hudson
[TAP IT BACK]

🚲11
Beautiful Life (From the Motion Picture Abominable) / Bebe Rexha
[ELBOW DOWN / P3RUN]

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました