「BB2 DVGT」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 DVGT」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けボディバーンシリーズで、フランスのDJ兼音楽プロデューサーのDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)がリリースしたアルバム”7″とフィールサイクルがコラボレーションしたアーティストプログラムです。
レッスン使用曲は、”7″の楽曲を中心としたゲッタの楽曲が採用されています。

2018年リリースのプログラム。ダンス・ミュージック界のトップDJ・アーティスト、デヴィッド・ゲッタの楽曲で構成。“Just One Last Time“、“Hey Mama”、2018年にリリースされたアルバム”7”から“She Knows How to Love Me“などを選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、ポジション2とポジション3の2ヶ所のみ。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある10曲構成です。

2018年11月~2019年2月までの期間限定で提供されていましたが、現在は年数回のRESURRECTIONや、FEEL ANYWHEREで受講可能です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 DVGTの強度

直近リリースされた「FEEL NOW」の他、他アーティストプログラムに比べても高い負荷を感じました(高強度)

ランが登場するのはラスト2曲に限られます。
しかし、すべてのランで64カウント以上。
一気に脚力を消耗します。
また、ポジション3ダブルタイムはセットリストの至るところに配置されています。
ダンベルは丸ごと1曲クラウチングで、ラスト2曲に至るまでも脚の負荷が大きいセットです。

走破のポイント

飛ばし過ぎない

終盤までランが無いからと言って飛ばし過ぎは禁物。
度々登場するポジション3ダブルタイムではもちろん、1曲目のスタンディングファスト祭りから、お腹で支えて余計な消耗を避けたい。

動作のパターンを掴む

コンビネーションが豊富です。
タイミングを惑わすオフビートも。
初見ではインストラクターさんの指示をしっかり聞いて体で覚え、2回目以降は事前にイメトレできると良さそう。

ダンベルのクラウチングで負荷調整

こぎ足りないようであれば、ダンベル時のクラウチングでノーバウンスを徹底すると、こぎ応えが高まります。
ダンベルをサイズアップすると、支える脚への負荷も高まるため、より効果的。

各曲の動作と強度

🚲01
Just One Last Time (Hard Rock Sofa Big Room Mix) / David Guetta feat.Taped Rai
6:41
[P2↓P3↑× DT⇔RH:BPM128]
[STANDING FAST / BACK TO UP / SIDE TO SIDE]

スタンディングファスト、バックトゥアップ、サイサイのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、スタンディング8カウント→4カウント。

リズムへ減速し、立ちこぎポジション3。
2セット目は、バックトゥアップ8カウント
→4カウント→2カウント。
ドロップでサイサイ。

座ってダブルタイムへ加速。
3セット目は、スタンディングファスト8カウント→4カウント。

シラタキ
シラタキ

「BB1 Comp 1」のゆっくりエルボーダウンから大変貌。スタンディングファストのセットが延々と続きます。
上記通り、始まったばかりなので飛ばし過ぎないように!
バックトゥアップもサイサイも体幹でしっかり支えて。
サイサイのテンポも速いので力みやすく上半身大振りになりやすい。
しっかり頭からお尻まで左右に移動していることを意識しながら小刻みに。


🚲 02
Without You / David Guetta
3:28
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム48カウント。

2セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム48カウント。
座ってしばらくペダリング。

シラタキ
シラタキ

ポジション3ダブルタイムは2セットともに48カウント。32カウントで失速せず、カウント分をしっかりこぎ切りたい。


🚲03
Let It Be Me / David Guetta feat.Ava Max
2:52
[P3↑× RH:BPM102]
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

サイサイ、タピバ、エルボーダウンのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビで4サイド+ダブルタップオフビート。
エルボーダウンオフビート2カウント。
サビで4サイド+ダブルタップオフビート。

2セット目も、4サイド+ダブルタップオフビート。

シラタキ
シラタキ

いきなりコンビネーションが始まるので最初は戸惑うはず。
コンビネーションのリズムの取り方は「サイサイサイサイ、うんタップ、うんタップ」


🚲04
Grenade / Jack Back
3:32
[P3↑× RH:BPM124]
[TAP IT BACK / PUSH UP / TAP & PUSH]

タピバ、プッシュアップ、タップ&プッシュのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ。
プッシュアップ2カウント。
ダブルタップダブルプッシュ
→タップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ+2タップ&プッシュ。

2セット目は、タピバ。
プッシュアップ2カウント。
タップ&プッシュ。
ダブルタップダブルプッシュ+2タップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

コンビネーションのリズムの取り方は「タップ、タップ、プッシュ、プッシュ、タッ、パンプッシュ、タッ、パンプッシュ」


🚲05
This One’s for You (Official Song UEFA EURO 2016) / David Guetta feat.Zara Larsson
3:27
[P2↓P3↑× DT:BPM110]
[ELBOW DOWN / P3DT / SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

ダブルタイムでエルボーダウン、サイサイ、タピバ、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン2カウント。
ポジション3ダブルタイム40カウント
→ドロップでサイサイ2カウント+ダブルタップ。

座ります。
2セット目は、エルボーダウン2カウント。
ポジション3ダブルタイム40カウント
→ドロップでサイサイ2カウント+ダブルタップ。

シラタキ
シラタキ

コンビネーションはダブルタイムのままサイサイ+ダブルタップ(オンビート)
「サイ[1][2]、サイ[3][4]、タップ[5][6]、タップ[7][8]」※数字はカウント


🚲06
She Knows How to Love Me / David Guetta feat.Jess Glynne & Stefflon Don
3:01
[P2↓P3↑× RH:BPM172]
[PUSH & PULL / BACK TO UP / ELBOW DOWN]

プッシュ&プル、バックトゥアップ、エルボーダウンのセット。

プッシュ&プルスタート。
トルクそのまま立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ2カウント。
エルボーダウンシングルシングルダブルオフビート。

座ってトルクそのままプッシュ&プル。
再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
エルボーダウンシングルシングルダブルオフビート。

座ってトルクそのままプッシュ&プル。
再び立ちこぎポジション3。
3セット目は、バックトゥアップ2カウント。
エルボーダウンシングルシングルダブルオフビート。

シラタキ
シラタキ

エルボーダウンのコンビネーションは「うんライ、うんレフ、うんライ、うんライ、うんレフ、うんライ、うんレフ、うんレフ」


🚲07
Hey Mama (Afrojack Remix) / David Guetta feat.Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack
3:17
[P2↓P3↑× DT⇔RH:BPM128]
[PUSH & ELBOW / P3DT]

ダブルタイムでプッシュ&エルボー、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュ&エルボー2カウント
→ドロップでシングルカウント。

リズムへ減速し立ちこぎポジション3。
再びダブルタイムへ。
2セット目は、ドロップでプッシュ&エルボー4カウント→2カウント。

シラタキ
シラタキ

プッシュアップは浅めに、エルボーダウンはお腹を縮めることを意識して。
プッシュ&エルボーの時も体幹で支えると安定します。
特に立ちこぎ中はバランスを崩しやすいため注意。


🚲08
I’m That Bitch / David Guetta feat.Saweetie
3:14
[P3↑× RH:BPM123]
[CROUCHING / DUMBBELL]

クラウチングしながらフロントパンチ、クロスパンチ、キックバックのセット。

クラウチングスタート。
1セット目は、右手にダンベルを2本持ちます。
フロントパンチ2カウント。
クロスフロントパンチ2カウント。
キックバック2カウント。
フロントパンチ+クロスフロントパンチ+2キックバック。

2セット目は、左手にダンベルを持ち換えます。
クロスフロントパンチ2カウント。
キックバック2カウント。
フロントパンチ+クロスフロントパンチ+2キックバック。

シラタキ
シラタキ

普段ダンベルサイズを上げている人は1段階下げた方が良いかも。


🚲09
Listen / David Guetta feat.John Legend
3:46
[P3↑× RH:BPM130]
[TAP IT BACK / P3RUN]

タピバとランのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ。
ドロップでポジション3ラン64カウント。

2セット目は、タピバ。
ドロップでポジション3ラン64カウント。
ランが終わった後も座らずペダリングでクールダウン。

シラタキ
シラタキ

立ちこぎのままランへ移ります。力まず自分のペースで加速を。


🚲10
Lovers on the Sun (Blasterjaxx Remix) / David Guetta feat.Sam Martin
5:43
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P2RUN / P3RUN]

ダブルタイムでプッシュアップ、エルボーダウン、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ラン32カウント
→ポジション2ラン32カウント
→ポジション3ラン32カウント。

2セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ラン64カウント。
しばらくペダリング。
スタンディングファスト8カウント→4カウント。

シラタキ
シラタキ

ボーカルパートが終わった後もたっぷりこぎまくります。
ラストはポジション3ランからのスタンディングファスト。
最後まで諦めないで。

スポンサーリンク

BB2 DVGTのセットリスト

🚲01
Just One Last Time (Hard Rock Sofa Big Room Mix) / David Guetta feat.Taped Rai
[STANDING FAST / BACK TO UP / SIDE TO SIDE]

🚲02
Without You / David Guetta
[ELBOW DOWN / P3DT]

🚲03
Let It Be Me / David Guetta feat.Ava Max
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

🚲04
Grenade / Jack Back
[TAP IT BACK / PUSH UP / TAP & PUSH]

🚲05
This One’s for You (Official Song UEFA EURO 2016) / David Guetta feat.Zara Larsson
[ELBOW DOWN / P3DT / SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

🚲06
She Knows How to Love Me / David Guetta feat.Jess Glynne & Stefflon Don
[PUSH & PULL / BACK TO UP / ELBOW DOWN]

🚲07
Hey Mama (Afrojack Remix) / David Guetta feat.Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack
[PUSH & ELBOW / P3DT]

🚲08
I’m That Bitch / David Guetta feat.Saweetie
[CROUCHING / DUMBBELL]

🚲09
Listen / David Guetta feat.John Legend
[TAP IT BACK / P2RUN / P3RUN]

🚲10
Lovers on the Sun (Blasterjaxx Remix) / David Guetta feat.Sam Martin
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P2RUN / P3RUN]

スポンサーリンク

BB2 DVGT 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました