「BB2 BTLS」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 BTLS(The Beatles)」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けBody Burnシリーズで、イギリスのロックバンド「The Beatles(ビートルズ)」がフィールサイクルとコラボレーションしたアーティストプログラムです。
レッスン使用曲にはビートルズの楽曲のみが採用されています。

1960年代から1970年にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド=ビートルズの楽曲で構成。”A Day in the Life”、”Across the Universe”、 グラミー賞 最優秀短編ミュージックビデオ賞、 グラミー賞最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループを受賞した曲”Free as a Bird”、全世界で1,000万枚以上のセールスを記録し、第13回グラミー賞最優秀サウンドトラック賞を受賞した”Let it be”などの「人生」をテーマにセレクト。

FEELCYCLE公式より

使用するハンドルポジションは、ポジション2、ポジション3、ポジション1の3ヶ所。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある12曲構成です。

ビートルズの楽曲と世界観を楽しめるプログラム、、のはずです。
ビートルズに思い入れが無い私にとってはあまり得意ではタイプのセットリストでした。

1曲目からビートが消えてリズムキャッチが難しいパートが登場。
リズムが若干速くなったり遅くなったり。
QUEENのようにリズムに忠実にこごうとするとストレスを感じやすい。
インストラクターさんのワンツーの指示出しが煩わしく感じることもありました笑

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 BTLSの強度

直近リリースされた「FEEL NOW」と比べて、比較的高い負荷を感じました(中強度)

ランはプログラムを通して一本もありません。
一方、ダブルタイムは頻繁に登場します。
ほとんどの曲がダブルタイムで、速いポジション3ダブルタイムが中盤に登場します。
ダブルタイムでシャカシャカこぎながら単純な動作を延々と繰り返す、、そんなディープ感があります。

強度は中盤に集中。
いつ終わるのか分からない動作やポジション3ダブルタイムの数々をようやく終えたと思いきや、クラウチングをしながらキックバックという追い込みセットが待ち受けています。
クラウチングはバウンスをどれだけ許容するか次第ですが、ノーバウンスを忠実にしようとすると、それまでの疲労蓄積も響いてかなりハードです。

立ちこぎダブルタイムの得意不得意、アプローチの向き合い方次第で強度の感じ方が大きく変わるプログラムだと思いました。

走破のポイント

体幹で支えて素早い動作に対応

素早い動作を繰り返しているとどうしても体に力が入りやすいです。
体幹で支えて体に余計な力を入れない状態をどれだけ維持できるかで、変速するリズムへの順応やアプローチのしやすさが変わってきます。
多少のズレは許容した方がストレスが溜まりにくいかもしれません。

タピバを丁寧に

プログラム全体を通してとにかくタピバが多い。
タピバのバックは肩やお腹を含めた上体全体を後方へ。
通常のタピバは意識できたとしても、トライアングル(タップ+サイサイ)ではお尻だけ突き出しがち。
バック後は腕ではなくお腹で跳ね返すように戻します。

顔を上げて

プッシュアップ、バックトゥアップ、クラウチングは下を俯きがち。
同じ動作を長い時間繰り返すセットが多く、意識しないと下を向きっぱなしに。
視線は常にインストラクターさんを捉えるように正面。
胸や肩周りのアプローチを回収する機会を逃したくないです。

各曲の動作と強度

🚲01
A Day In the Life / The Beatles
5:07
[P3↑× DT:BPM78]
[TAP IT BACK]

ダブルタイムでタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
前半はひたすらペダリング。
後半は曲の最後までタピバ。


🚲02
Here Comes the Sun (2019 Mix) / The Beatles
3:05
[P2↓× DT:BPM129]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

ダブルタイムでプッシュアップとエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
プッシュアップオフビート2カウント。
エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト。

プッシュアップオフビート2カウント。
エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト。


🚲03
Got to Get You Into My Life / The Beatles
2:29
[P3↑× RH:BPM136]
[PUSH UP / BACK TO UP]

プッシュアップとバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
プッシュアップ2カウント。
バックトゥアップ2カウント。
プッシュアップ2カウント。

バックトゥアップ2カウント。
プッシュアップ2カウント。
バックトゥアップ2カウント。
プッシュアップ2カウント。


🚲04
Across the Universe / The Beatles
3:48
[P3↑× DT:BPM76]
[TRIANGLE]

ダブルタイムでトライアングルのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サビ後から曲の最後までトライアングル。


🚲05
Blackbird / The Beatles
2:18
[P3↑× DT:BPM94]
[P3DT / TAP IT BACK]

ダブルタイムでタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ。
ほんの短い間ペダリング後、2セット目もタピバ。

シラタキ
シラタキ

1曲丸ごと、ゆったりリズムでポジション3ダブルタイムがベースです。
あとはタピバを繰り返すだけのシンプルなセット。


🚲06
Strawberry Fields Forever / The Beatles
4:07
[P2↓P3↑× DT⇔RH:BPM96]
[ELBOW DOWN / P3DT / PUSH & ELBOW]

ダブルタイムでエルボーダウンとプッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
エルボーダウン4カウント→2カウント。
エルボーダウンキープ40カウント。
エルボーダウンオフビート4カウント。

リズムへ減速して立ちこぎポジション3。
ポジション3ダブルタイム24カウント
→エルボーダウン4カウント(16カウント分)
→2カウント(44カウント分)
→プッシュ&エルボー2カウント(36カウント分)


🚲07
Get Back (2015 Stereo Mix) / The Beatles & Billy Preston
3:11
[P2↓P3↑× DT:BPM123]
[STANDING FAST / P3DT / PUSH UP]

スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイム、プッシュアップのセット。

ダブルタイムスタート。
スタンディングファスト4カウント。
ポジション3ダブルタイム32カウント。

ダウンスタートのスタンディングファスト4カウント。
プッシュアップ2カウント。

スタンディングファスト4カウント。
プッシュアップ2カウント。
4アップ+2プッシュ+4ダウン+2プッシュ。

ここで終わりかと思いきや。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→プッシュアップオフビート2カウント(32カウント分)


🚲08
Help! / The Beatles
2:18
[P1↑P3↑× DT:BPM95]
[P1DT / P3DT / HANDLE TAP / BACK TO UP / PUSH UP]

ダブルタイムでハンドルタップ、バックトゥアップ、プッシュアップのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション1。
ポジション3へハンドルチェンジ。
ハンドルタップ(P1⇔P3)8カウント+4バックトゥアップ2カウント
→サビでハンドルタップ(P1⇔P3)4カウント+2バックトゥアップ2カウント。

ハンドルタップ(P1⇔P3)8カウント+4プッシュアップ2カウント
→サビでハンドルタップ(P1⇔P3)4カウント+2プッシュアップ2カウント。


🚲09
Eleanor Rigby / The Beatles
2:06
[P2↓P3↑× DT:BPM138]
[ELBOW DOWN / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、ポジション3ダブルタイムのセット。

高速ダブルタイムスタート。
エルボーダウン2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム104カウント。


🚲10
Free As a Bird / The Beatles
4:25
[P3↑× DT:BPM72]
[DUMBBELL]

クラウチングしながらキックバックのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
クラウチング。
クラウチングのまま、まずは左手でハンドルを握ります。
右手でキックバック8カウント→4カウント。
次に右手でハンドルを握ります。
左手でキックバック8カウント→4カウント。


🚲11
The Long and Winding Road (1969 Glyn Johns Mix) / The Beatles
3:39
[P3↑× DT:BPM66]
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

サイサイとタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
前半はサイサイ2カウント。
後半はタピバ。


🚲12
Let It Be (2021 Mix) / The Beatles
4:03
[P3↑× DT:BPM72]
[TAP & PUSH]

ひたすらタップ&プッシュのセット。

開始まもなく立ちこぎポジション3。
サビはタップ&プッシュ。
サビ以外はダブルタップダブルプッシュを交互に繰り返します。

スポンサーリンク

BB2 BTLSのセットリスト

🚲01
A Day In the Life / The Beatles
[TAP IT BACK]

🚲02
Here Comes the Sun (2019 Mix) / The Beatles
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

🚲03
Got to Get You Into My Life / The Beatles
[PUSH UP / BACK TO UP]

🚲04
Across the Universe / The Beatles
[TRIANGLE]

🚲05
Blackbird / The Beatles
[P3DT / TAP IT BACK]

🚲06
Strawberry Fields Forever / The Beatles
[ELBOW DOWN / P3DT / PUSH & ELBOW]

🚲07
Get Back (2015 Stereo Mix) / The Beatles & Billy Preston
[STANDING FAST / P3DT / PUSH UP]

🚲08
Help! / The Beatles
[P1DT / P3DT / HANDLE TAP / BACK TO UP / PUSH UP]

🚲09
Eleanor Rigby / The Beatles
[ELBOW DOWN / P3DT]

🚲10
Free As a Bird / The Beatles
[DUMBBELL]

🚲11
The Long and Winding Road (1969 Glyn Johns Mix) / The Beatles
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK]

🚲12
Let It Be (2021 Mix) / The Beatles
[TAP & PUSH]

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました