「BB2 MTGX」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 MTGX(Martin Garrix)」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けBody Burnシリーズで、オランダのDJ兼音楽プロデューサーのMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)とフィールサイクルがコラボレーションしたアーティストプログラム。
レッスン曲にはマーティンギャリックスの楽曲のみが採用されています。

2019年リリースのプログラム。カルヴィン・ハリス、マシュメロ、チェーンスモーカー、DJスネイクといった強豪が並んだ「2019 MTV EMAs」のベストエレクトロニック部門を受賞したマーティン・ギャリックスの楽曲で構成。大ヒットした”In the Name of Love”、”Scared to Be Lonely”、全英チャート&米ビルボード・ダンス・クラブ・ソングス・チャートで1位を獲得した”Animals(Radio Edit)”などを選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

初回の提供期間は2019年7月30日(火)~9月30日(月)でした。
提供が終了した現在は、過去のプログラムを期間限定で提供されるイベント「RESURRECTION」や、FEEL ANYWHEREで受講可能です。

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全11曲構成です。

セットリスト全体がまるでフェス。
マーティン・ギャリックスのメロディアスでドラマチックなEDMサウンドを存分に楽しめるセットリストに仕上がっていると思います。
強度の高さを理由にアーティストコラボレーションのプログラムを敬遠していた人にもオススメのレッスンです。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 MTGXの強度

直近リリースされた「FEEL NOW」と同等の負荷を感じました(並強度)
他アーティストプログラムと比較して抑え目だと思います。

ポジション3ランがあるもののカウント短め。
ポジション3ダブルタイムの登場場面も限られ、ほぼリズムです。
難しい動きとしては、ダイヤモンドとエルボーダウンのコンビネーション、ポジション3ラン直後のプッシュエルボーライト&レフトくらい。
ただ、立ちこぎが多いため、立ちこぎが苦手な人は強度以上の負荷を感じやすいかも。

強度や難度の低さから、マーティン・ギャリックスの音楽を楽しむことに重きをおいたセットリストだと思います。
アーティストコラボレーションでは通常のプログラムでは味わえないストイックさを求めている人にとっては、少し物足りないかもしれません。

走破のポイント

空回り注意

前述通り、強度も難度も高くないことから、普段からBB2をこなせている人にとって走破自体は難しくないはず。
それほど速くない座りこぎダブルタイムで、曲の雰囲気から勢い余って空回りしがち。
曲調的にビートはキャッチしやすいと思うのでずれたらすぐに補正を。

最初から全力OK

と言ってもそんな飛ばせるポイントはほとんど無いですが、、後半に向けて余力を残しておく必要は無いと思います。
1曲あたりの長さも短めなので、苦手な動作があったとしても早く終わります。
勢いでも何とかなるセットリストなので、疾走感溢れる曲に合わせてガンガン攻めましょう。

ダンベルの動作の移り変わりは「縦」↓↑

初見で???となっちゃいそうなのがダンベル。
これは頭で考えちゃうと余計に混乱してしまうやつで、「縦」↓↑に変わっていくとだけ覚えておいて、後は体で流れを覚えるのがコツ。
この後の「各曲の動作と強度」で具体的に説明しています。

各曲の動作と強度

🚲01
In the Name of Love / Martin Garrix & Bebe Rexha
3:18
[P2↓P3↑× RH:BPM134]
[TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

タピバとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
開始後しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、エルボーダウン2カウント。
ドロップでタピバ。

2セット目は、エルボーダウン2カウント。
ドロップでタピバ。

3セット目は、エルボーダウン2カウント。
タピバ。
ドロップでタップ&エルボー。

シラタキ
シラタキ

肩の力を抜いて。
立ちこぎのエルボーダウンもハンドルに体重をのせずお腹を縦に。


🚲02
Don’t Look Down / Martin Garrix feat.Usher
3:43
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

ダブルタイムでエルボーダウンとスタンディングファストのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでスタンディングファスト8カウント。

2セット目は、エルボーダウン4カウント
→2カウント→ライト&レフト。
しばらくペダリング。
ドロップでスタンディングファスト4カウント。

シラタキ
シラタキ

2曲目でスプリント。
お腹に力を入れ直して。
顔は下を向かずに上げて。


🚲03
Turn Up the Speakers (Radio Edit) / Afrojack & Martin Garrix
3:03
[P3↑× RH:BPM128]
[PUSH UP / BACK TO UP / BACK TO PUSH]

プッシュアップとバックトゥアップとバックトゥプッシュのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、ドロップでプッシュアップ2カウント
→4カウント→ドロップで2カウント。

2セット目は、バックトゥアップ4カウント。
ドロップで4バック2プッシュ。

シラタキ
シラタキ

バックトゥプッシュは、しっかり4カウントまでバックしてから低い姿勢のままプッシュアップへ移れると、スムーズだしアプローチアップにも。


🚲04
Scared to Be Lonely / Martin Garrix & Dua Lipa
3:40
[P3↑× RH:BPM138]
[ELBOW DOWN / DAIAMOND]

エルボーダウンとダイヤモンドのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
ドロップでダイヤモンドトゥザライト+2ライト&レフト+ダイヤモンドトゥザレフト+2ライト&レフト(ダイヤモンドトゥザライトシングルカウント+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント+ダイヤモンドトゥザレフトシングルカウント+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント)

エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
ドロップでダイヤモンドトゥザライト+2ライト&レフト+ダイヤモンドトゥザレフト+2ライト&レフト。

エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
ドロップでダイヤモンドトゥザライト+2ライト&レフト+ダイヤモンドトゥザレフト+2ライト&レフト。

シラタキ
シラタキ

上半身の力を抜いて。
ハンドルを握りすぎないように。


🚲05
Animals (Radio Edit) / Martin Garrix
2:56
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P3RUN]

ダブルタイムでプッシュ&エルボー、エルボーダウン、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュ&エルボー2カウント。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
ポジション3ラン32カウント。
座ってダブルタイムへ減速しながら、プッシュ&エルボー2カウント+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。

2セット目も、プッシュ&エルボー2カウント。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
ポジション3ラン32カウント。
座ってダブルタイムへ減速しながら、プッシュ&エルボー2カウント+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。

シラタキ
シラタキ

詰め込みセットですがセットの内容が頭に入っていれば慌てる必要が無いはず。
力まないように。


🚲06
Ocean (Martin Garrix & Cesqeaux Remix) / Martin Garrix feat.Khalid
3:あ42
[P3↑P2↓× RH:BPM150]
[PUSH UP / TAP IT BACK / TAP & PUSH]

プッシュアップとタピバ、タップ&プッシュのセット。

1セット目は、プッシュアップ4カウント。
タピバ。
プッシュアップ2カウント。
ドロップでタップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、タピバ。
プッシュアップ2カウント。
ドロップでタップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ
→タップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

プッシュアップ2カウントやダブルプッシュが他の曲でのシングルカウント並みに速い。
ダウンから上体を戻しきらず、低くした状態のなまプッシュアップを繰り返すとリズムに追いつきやすい。


🚲07
There for You (Bali Bandits Remix) / Martin Garrix & Troye Sivan
3:12
[P3↑× RH:BPM126]
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

バックトゥアップとサイサイのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ4カウント。
ドロップでサイサイ。

バックトゥアップ4カウント
→2カウント→4カウント。
ドロップでサイサイ。

2セット目は、バックトゥアップ4カウント。
ドロップでバックトゥサイド4カウント。

シラタキ
シラタキ

肩に力が入りやすいのでリラックスを意識して。


🚲08
Pizza / Martin Garrix
4:15
[P2↓P3↑× DT⇒RH:BPM128]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST / TAP IT BACK]

ダブルタイムでエルボーダウン、スタンディングファスト。
最後にリズムでタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンキープ32カウント。
エルボーダウンオフビート8カウント→4カウント。
ドロップでスタンディングファスト4カウント。

すぐさま再びエルボーダウンキープ80カウント。
エルボーダウンオフビート4カウント→2カウント。
ドロップでスタンディングファスト4カウント。

リズムへ減速し、立ちこぎポジション3。
2セット目はタピバ。

シラタキ
シラタキ

序盤はエルボーダウンオフビートの8カウントが登場。
なかなか目にすること無いので初見は戸惑うかも。


🚲09
Summer Days / Martin Garrix feat.Macklemore & Patrick Stump
2:43
[↓:BPM114]
[DUMBBELL]

トライセプス、チェストプレス、アームカール、プルインのセット。

トライセプス4カウント。
残りは、トライセプス
→チェストプレス
→アームカール
→プルイン
→アームカール
→チェストプレス
→トライセプス・・・
と、オフビート2カウントで曲の最後まで延々と繰り返します。

縦に表すとこんな感じ(1~6は移り変わる順番です)

トライセプス
1↓ ↑6
チェストプレス
2↓ ↑5
アームカール
3↓ ↑4
プルイン

シラタキ
シラタキ

一連の流れを体に叩き込めたら、次は前の動作の最後に次の動作の初期位置に移動できるようになれるとスムーズ。


🚲10
No Sleep / Martin Garrix feat.Bonn
3:27
[P3↑× RH⇔DT:BPM128]
[TAP IT BACK / P3DT]

タピバ、ポジション3ダブルタイムのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

一旦座ってリズムへ減速。再び立ちこぎポジション3。
2セット目も、タピバ。
ドロップでポジション3ダブルタイム64カウント。

シラタキ
シラタキ

タピバでは肩、腕、手を脱力。
お腹のバネを意識して。


🚲11
High on Life / Martin Garrix feat.Bonn
3:50
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / P3RUN]

ダブルタイムでエルボーダウンとランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。しばらくペダリング。
ドロップでポジション3ラン32カウント。

2セット目は、エルボーダウン2カウント→4カウント→2カウント。
ドロップでポジション3ラン64カウント。

シラタキ
シラタキ

エルボーダウンを流したくない。背中を丸めてお腹を内側に引き込むように。

スポンサーリンク

BB2 MTGXのセットリスト

🚲01
In the Name of Love / Martin Garrix & Bebe Rexha
[TAP IT BACK / ELBOW DOWN]

🚲02
Don’t Look Down / Martin Garrix feat.Usher
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

🚲03
Turn Up the Speakers (Radio Edit) / Afrojack & Martin Garrix
[PUSH UP / BACK TO UP / BACK & PUSH]

🚲04
Scared to Be Lonely / Martin Garrix & Dua Lipa
[ELBOW DOWN / DAIAMOND]

🚲05
Animals (Radio Edit) / Martin Garrix
[PUSH UP / ELBOW DOWN / P3RUN]

🚲06
Ocean (Martin Garrix & Cesqeaux Remix) / Martin Garrix feat.Khalid
[PUSH UP / TAP IT BACK / TAP & PUSH]

🚲07
There for You (Bali Bandits Remix) / Martin Garrix & Troye Sivan
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

🚲08
Pizza / Martin Garrix
[ELBOW DOWN / STANDING FAST / TAP IT BACK]

🚲09
Summer Days / Martin Garrix feat.Macklemore & Patrick Stump
[DUMBBELL]

🚲10
No Sleep / Martin Garrix feat.Bonn
[TAP IT BACK / P3DT]

🚲11
High on Life / Martin Garrix feat.Bonn
[ELBOW DOWN / P3RUN]

スポンサーリンク

BB2 MTGX 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました