「SKRILLEX」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「SKRILLEX」は、アメリカのDJ兼音楽プロデューサー「SKRILLEX(スクリレックス)」の曲のみを使用したスペシャルプログラム。

2018年リリースのプログラム。数々のグラミー賞を受賞しているアメリカ合衆国のエレクトロミュージシャン/DJ/シンガーソングライターであるSKRILLEXとFEELCYCLEのコラボレーションプログラムスクリレックス本人が監修し、自身の楽曲はもちろん、過去にプロデュースしたジャスティン・ビーバーの”Where Are Ü Now”、アヴィーチーの”Levels”などを選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

レッスン曲はスクリレックス本人が選曲したとのこと。
他の期間限定アーティストプログラムとは異なり、期間の定め無く、通常プログラムとして提供されています。
ただ、提供数は決して多くはなく、強度も高いことから人気のプログラムです。

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
ダンベルとクランチがそれぞれ1曲ずつ。
セットリスト中盤にクランチ→ダンベルと続きます。
ダンベルの後に6曲ある全11曲構成です。
また、下半身のストレッチはありません。

1曲1曲分かれている通常のセパレート形式ではなく、曲と曲とが繋がっているミックス形式を採用。
よりライブ感溢れるセットリストに仕上がっています。
普段は曲間にとっていた水分補給は、各自のタイミングに委ねられることになります。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

SKRILLEXの強度

他のアーティストプログラムと比べても、はっきりとした強度を感じ取れるセットリストだと思います(高強度)

ただし、曲単位では極めて強度が高いと言える曲は1曲のみ。ランが登場するのもこの1曲のみです。
中強度の曲が連続するため、セットリスト全体を通して強度を感じやすくなっています。

BSB並みのプッシュアップの多さやダンベルに加え、BSW並みのクランチ。
走破には体幹はもちろん、腕力、脚力、持久力ともに高い水準が求められます。

走破のポイント

猛攻プッシュアップを乗り切る

序盤から連続で4曲、プッシュアップの猛攻が襲い掛かってきます。
ほとんどが立ちこぎで、一時的ではあるものの爆速でこぎながらの場面も。
軸がブレないように体幹で支えることを忘れないように。
顔を上げたまま胸を開いて、毎回体重が二の腕にかかっていることを確認しながら。

リズムの変化に柔軟に

ミックス形式のため、リズムが異なる曲同士が繋がってます。
同じくミックス形式のアーティストプログラム「BB2 Sigma」と異なるのは、動作も前の曲と次の曲とで繋がっている点。
前の曲から同じ動作を続ける中で、リズムを徐々に調整していく必要があります。
常に曲のリズムをキャッチして、柔軟に調整できる状態を。

9曲目に備える

9曲目に超強度の曲が控えています。
その場の勢いで乗り切れるレベルではありません。
万全のコンディションで臨みたいところ。
9曲目に至るまで無駄な消耗をしないよう、上体は常にリラックスしてお腹に常に力を入れて。

各曲の動作と強度

🚲01
Would You Ever / Skrillex & Poo Bear
3:54
[P2↓P3↑× RH⇔DT:BPM126]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップ、エルボーダウン、プッシュ&エルボーのセット。

リズムスタート。
ダブルタイムへ加速。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
エルボーダウンライト&レフト2カウント。

プッシュアップ2カウント。
エルボーダウンライト&レフト2カウント。

プッシュアップ4カウント。
エルボーダウン4カウント。
4プッシュ+4エルボー
+4ライト&レフト
→2プッシュ+2エルボー
+2ライト&レフト。

リズムへスローダウン。
立ちこぎポジション3。
2セット目は、プッシュアップ4カウント。


🚲02
Purple Lamborghini / Skrillex & Rick Ross
3:35
[P3↑× RH:BPM147]
[PUSH UP / PUSH DOWN KEEP]

プッシュダウンキープとプッシュアップのセット。

前曲から続いてプッシュアップ4カウント。
プッシュダウンキープ64カウント。
プッシュアップオフビート4カウント。

プッシュダウンキープ32カウント。
アップ2ダウン。

シラタキ
シラタキ

プッシュダウンキープはノーバウンス。
二の腕に体重をのせつつ、お腹でしっかり支えて。


🚲03
Where Are Ü Now (Kaskade Remix) / Skrillex & Diplo with Justin Bieber
5:06
[P3↑P2↓× RH⇒DT:BPM126]
[PUSH UP / BACK TO UP / STANDING FAST]

プッシュアップ、バックトゥアップ、スタンディングファストのセット。

前曲から引き続き2アップ2ダウン。
徐々にペースを落としていきます。

1セット目は、バックトゥアップ2カウント。
座ってダブルタイムへ加速。
スタンディングファスト8カウント→4カウント。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
スタンディングファスト8カウント
+4プッシュアップ2カウント
→スタンディングファスト4カウント
+2プッシュアップ2カウント。

シラタキ
シラタキ

最後は曲に合わせてどんどん加速していき、ラン並みの速さに達してフィニッシュします。
スタンディングファストとプッシュアップの動作を分離していると間に合いません。
普段より気持ち前傾姿勢。

スタンディングファストの着席のタイミングでプッシュアップに入れるとスムーズです。


🚲04
Take Ü There / Jack Ü feat.Kiesza
3:30
[P3↑× RH:BPM160]
[PUSH UP / TAP & PUSH / TAP IT BACK]

プッシュアップ、タップ&プッシュ、タピバのセット。

リズムへ減速。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
ドロップでタップ&プッシュ。

2セット目は、ダブルタップ
+ダブルプッシュ。

3セット目は、タピバ。
ドロップでタップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ
→タップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

ミックスが止まり、ようやくペダリングを緩めることができます。
ここで多めの水分補給を。


🚲05
Levels (Skrillex Remix) / Avicii
4:41
[↓:BPM140]
[CROUNCH]

クランチダウンアップとツイストのセット。

クランチダウンキープ。
ドロップでダウンアップ4カウント。
4ダウン
+ツイスト2カウント
+4アップ
+ツイスト2カウント。

クランチダウンキープ。
ドロップでツイストシングルカウント。
ダウンアップ4カウント。
4ダウン
+ツイスト2カウント
+4アップ
+ツイスト2カウント。

シラタキ
シラタキ

ダウンアップは背中を丸めてお腹に力が入っている状態を維持。


🚲06
Sorry / Justin Bieber
3:21
[↓:BPM100]
[DUMBBELL]

ショルダープレス、フライ、アームカールのセット。

1セット目は、ショルダープレス2カウント。
フライ2カウント。
ショルダープレス
+フライ2カウント。

2セット目は、アームカール2カウント。
フライ2カウント。
アームカール
+フライ2カウント。

シラタキ
シラタキ

強度はフライの向き合い方次第。

自信があるならフライは毎回肘を付けて。


🚲07
Bangarang / Skrillex feat.Sirah
3:35
[P2↓P3↑× DT⇒RH:BPM110]
[PUSH & ELOBOW / PUSH UP / CROUNCHING / SIDE TO SIDE]

前半はプッシュ&エルボー、プッシュアップ、ポジション3ダブルタイム。
後半はクラウチングとサイサイのセット。

ダブルタイムスタート。
プッシュ&エルボー
+ライト&レフト
+プッシュアップ2カウント。

ポジション3ダブルタイム32カウント
→プッシュ&エルボー
+ライト&レフト
+プッシュアップ2カウント(96カウント分)

クラウチング64カウント。
サイサイ。

シラタキ
シラタキ

コンビネーションにおいて、私は「ビャー」の出だしは必ずプッシュアップと覚えてます。
序盤のうちに体に叩き込めると後は考えなくてもできるはず。


🚲08
Coast Is Clear / Skrillex
4:03
[P3↑× DT:BPM80]
[TAP IT BACK / ELOBOW DOWN / TAP & ELBOW]

タピバ、エルボーダウン、タップ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
タピバオフビート。

エルボーダウンオフビート2カウント。
タピバオフビート。

エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト→ボースハンド。
タピバオフビート。
タップ&エルボーオフビート
→ダブルタップダブルエルボー
→タップ&エルボー
→ダブルタップダブルエルボー。

シラタキ
シラタキ

リズムのキャッチが難しい。
体幹で支えて消耗を抑え、最難関曲に備えると良いと思います。


🚲09
Make It Bun Dem (Alvin Risk Remix) / Skrillex & Damian “Jr. Gong” Marley
3:58
[P3↑× RH⇔DT:BPM130]
[SIDE TO SIDE / P3RUN / P3DT / PUSH UP / PUSH & ELBOW]

サイサイ、ラン、ポジション3ダブルタイム、プッシュアップ、プッシュ&エルボーのセット。

前曲から立ちこぎ継続。
サイサイ。
ドロップでポジション3ラン32カウント。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→プッシュアップ2カウント(32カウント分)
→プッシュ&エルボー2カウント(32カウント分)

リズムへ減速しながらサイサイ。
ドロップでポジション3ラン32カウント。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→プッシュアップ2カウント(32カウント分)
→プッシュ&エルボー2カウント(32カウント分)

リズムへ減速しながらサイサイ。
ポジション3ラン128カウントでフィニッシュ。

シラタキ
シラタキ

曲を通して体幹マックスで。
あとはランをどれだけ維持できるか。
カウントはたっぷりあるので出だしは慌てず加速を。


🚲10
Scary Monsters and Nice Sprites / Skrillex
4:03
[P3↑× RH⇒DT:BPM140]
[PUSH UP / TAP & PUSH / P3DT]

プッシュアップ、タップ&プッシュ、ポジション3ダブルタイムのセット。

前曲から立ちこぎ継続。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
タップ&プッシュ。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
タップ&プッシュ→ダブルタップダブルプッシュ。
立ちこぎのまま高速ダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム64カウントでフィニッシュ。

シラタキ
シラタキ

最後の力を振り絞って最後の高速ダブルタイムをこぎ切りましょう。


🚲11
Summit / Skrillex feat.Ellie Goulding
6:13
[P3↑× RH:BPM140]
[SIDE TO SIDE / STRETCH]

前半はサイサイ。
後半は上半身のストレッチ。

シラタキ
シラタキ

リズムがゆったりしているので大きく揺らしてサイサイを。

スポンサーリンク

SKRILLEXのセットリスト

🚲01
Would You Ever / Skrillex & Poo Bear
[PUSH UP / ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW]

🚲02
Purple Lamborghini / Skrillex & Rick Ross
[PUSH UP / PUSH DOWN KEEP]

🚲03
Where Are Ü Now (Kaskade Remix) / Skrillex & Diplo with Justin Bieber
[PUSH UP / BACK TO UP / STANDING FAST]

🚲04
Take Ü There / Jack Ü feat.Kiesza
[PUSH UP / TAP & PUSH / TAP IT BACK]

🚲05
Levels (Skrillex Remix) / Avicii
[CROUNCH]

🚲06
Sorry / Justin Bieber
[DUMBBELL]

🚲07
Bangarang / Skrillex feat.Sirah
[PUSH UP / ELOBOW DOWN / P3DT / CROUNCHING / SIDE TO SIDE]

🚲08
Coast Is Clear / Skrillex
[TAP IT BACK / ELOBOW DOWN / TAP & ELBOW]

🚲09
Make It Bun Dem (Alvin Risk Remix) / Skrillex & Damian “Jr. Gong” Marley
[SIDE TO SIDE / P3RUN / P3DT / PUSH UP / PUSH & ELBOW]

🚲10
Scary Monsters and Nice Sprites / Skrillex
[PUSH UP / TAP & PUSH / P3DT]

🚲11
Summit / Skrillex feat.Ellie Goulding
[SIDE TO SIDE / STRETCH]

スポンサーリンク

SKRILLEX 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました