「BB2 UPGD 2」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 UPGD 2」は全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けボディバーンシリーズで、レッスン使用曲に電子機器音やボイス変更を加えていない「UNPLUGGED(アンプラグド)」の楽曲を採用したプログラム第2弾です。

2016年リリースのプログラム。グラミーで最優秀新人賞と最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞したボン・イヴェールのデビュー・アルバムから”Skinny Love”、メガ・ヒット曲”You’re Beautiful”でイギリス人男性シンガー・ソング・ライターとしてエルトン・ジョン以来初めて全米シングル・チャート第1位に輝いたジェイムス・ブラントの”Bonfire Heart”などを選曲。電力を使用しない楽器で演奏される音楽「アンプラグド」をベースに、ピアノやギターの生音を楽しめる曲をセレクト。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
ダンベルを1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全10曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 UPGD 2の強度

直近リリースされた「FEEL NOW」より高めの強度を感じました(中強度)

ランは登場しません。
立ちこぎポジション3ダブルタイムで全体の強度を引き上げたセットリスト。
長い時間の立ちこぎが得意か不得意かで強度の感じ方は大きく変わりそうです。

また、ハウスのようなビートが分かりやすい曲を軸に構成されたレッスンとは要領が異なります。
音楽に深く集中というか、音楽のリズムを読み取ってこぐ必要があります。
その得意不得意でも負荷の感じ方が変わりそう。

走破のポイント

耳だけではなく全身で音楽のリズムを感じて

曲のリズムとペダリングを合わせるのが難しい。
リズムと合わない状態での動作はアプローチが弱くなってしまいます。
リズムとのズレは曲の早期に解消したいところ。
なかなか合わなくても、インストラクターさんを真似て冷静にリズム合わせを。

ラストソングまで集中力を維持

10曲目のラストソングはクールダウンの曲。
ただ、これが3拍子。
私も初見でペダリングのスピード調整に苦戦しました。
正解はゆったりめ。
タピバに入ってから補正すると良いかも。

立ちこぎでも体幹で支える

立ちこぎで同じ動作をしばらく続けるDEEPのようなセットが多め。
上半身をリラックスさせてお腹だけに力が入っている状態を常に意識して。
体幹をうまく使えると難度が下がります。

各曲の動作と強度

🚲01
Skinny Love / Bon Iver
3:58
[P2↓P3↑× DT:BPM76]
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK]

エルボーダウンとタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでエルボーダウンオフビート2カウント。
タピバ→サビでダブルタップ
→シングルタップ。

シラタキ
シラタキ

エルボーオフビート直後にタピバへ入ります。


🚲02
Bonfire Heart / James Blunt
3:58
[P3↑× RH⇔DT:BPM118]
[PUSH UP / BACK TO UP / TAP & PUSH]

プッシュアップ、バックトゥアップ、ポジション3ダブルタイム、タップ&プッシュのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビでプッシュアップ2カウント。

2セット目は、サビでバックトゥアップ2カウント。
ポジション3ダブルタイム32カウント。

リズムへ減速。
3セット目は、サビでタップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

肩の力を抜いてリラックスしながら。
唐突なポジション3ダブルタイムも落ち着いて。


🚲03
Everlasting Love / Jamie Cullum
3:21
[P2↓P3↑× DT:BPM126]
[P3DT / ELBOW DOWN]

ポジション3ダブルタイムとエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでポジション3ダブルタイム32カウント。

座ります。
2セット目は、エルボーダウン2カウント
→ライト&レフト。
サビでポジション3ダブルタイム64カウント。

再び座ります。
3セット目はエルボーダウン2カウント。


🚲04
Promise / BEN HOWARD
6:24
[P3↑× RH:BPM157]
[TAP IT BACK]

タピバのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
かなり長いことペダリング。
曲の最後までタピバ。

シラタキ
シラタキ

終盤にテンポが減速します自身のペースでペダリングを。


🚲05
Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version) / KT Tunstall
2:52
[P3↑× RH⇔DT:BPM105]
[SIDE TO SIDE / P3DT]

サイサイとポジション3ダブルタイムのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
すぐに1セット目、サイサイ。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント。

リズムしながらサイサイ。
サビでポジション3ダブルタイム48カウント
→サイサイ4カウント(32カウント分)
→2カウント(32カウント分)


🚲06
I Want to Be Your Mother’s Son-In-Law / Macy Gray
2:32
[P3↑× DT:BPM98]
[TAP IT BACK / BACK TO UP]

タピバ、バックトゥアップのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
タピバ。
バックトゥアップ4カウント→2カウント。

タピバ。
バックトゥアップ4カウント→2カウント。
タピバ。

シラタキ
シラタキ

BPM100に満たないため「P3DT」と書いていません。
体感は一曲丸ごとポジション3ダブルタイムです。


🚲07
Little Lion Man / Mumford & Sons
4:06
[P2↓P3↑× DT:BPM139]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW / STANDING FAST / P3DT]

ダブルタイムでプッシュアップ、エルボーダウン、プッシュ&エルボー、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

高速ダブルタイムスタート。
プッシュアップ2カウント。
エルボーダウン2カウント。
サビでプッシュ&エルボー2カウント
→シングルカウント。

プッシュアップ2カウント。
エルボーダウン2カウント。
2プッシュ2エルボー2カウント
→プッシュ&エルボー2カウント。

2セット目は、スタンディングファスト8カウント。
ポジション3ダブルタイム64カウント。


🚲08
Rock With You (Michael Jackson Tribute) / Eric Roberson
3:26
[↓:BPM93]
[DUMBBELL]

パンチアップ、フライ、ショルダープレス、プルダウン、クロスチェストプレスのセット。

パンチアップ2カウント
→ライト&レフト
→シングルカウント。
サビでフライ2カウント。

ショルダープレス2カウント
→ライト&レフト
→シングルカウント。
サビでプルダウンオフビート2カウント。

クロスチェストプレス2カウント。
サビでクロスチェスト+プルダウン。
プルダウン+トライセプス。

シラタキ
シラタキ

肘を内側に。

フライの他、パンチアップとプルダウンで積極的に両肘を付けていきたい。


🚲09
Another Love / Tom Odell
4:04
[P2↓P3↑× DT:BPM123]
[ELBOW DOWN / PUSH UP / P3DT]

エルボーダウン、プッシュアップ、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
しばらくペダリング。
エルボーダウン2カウント
→ライト&レフト。
プッシュアップ2カウント。
エルボーダウン2カウント。
ポジション3ダブルタイム128カウント。


🚲10
Say Something / A Great Big World & Christina Aguilera
3:49
[P3↑× RH:BPM141]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

リズムスタート。
開始後しばらくして立ちこぎポジション3。
3拍子でペダリング。
1セット目は、タピバ。
2セット目は、曲の最後までタピバ。

シラタキ
シラタキ

タップ23、123、タップ23、123。

タップを鍵盤のポーンと鳴るタイミングに合わせると良い。

スポンサーリンク

BB2 UPGD 2のセットリスト

🚲01
Skinny Love / Bon Iver
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK]

🚲02
Bonfire Heart / James Blunt
[PUSH UP / BACK TO UP / P3DT / TAP & PUSH]

🚲03
Everlasting Love / Jamie Cullum
[P3DT / ELBOW DOWN]

🚲04
Promise / BEN HOWARD
[TAP IT BACK]

🚲05
Black Horse and the Cherry Tree (Radio Version) / KT Tunstall
[SIDE TO SIDE / P3DT]

🚲06
I Want to Be Your Mother’s Son-In-Law / Macy Gray
[TAP IT BACK / BACK TO UP]

🚲07
Little Lion Man / Mumford & Sons
[PUSH UP / ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW / STANDING FAST / P3DT]

🚲08
Rock With You (Michael Jackson Tribute) / Eric Roberson
[DUMBBELL]

🚲09
Another Love / Tom Odell
[ELBOW DOWN / PUSH UP / P3DT]

🚲10
Say Something / A Great Big World & Christina Aguilera
[TAP IT BACK]

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました