「BB2 Hit 18」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 Hit 18」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けBody Burnシリーズで、レッスン使用曲にUS/UKのヒット曲を採用したプログラム第18弾です。

2018年リリースのプログラム。2018年ブリットアワードにノミネートされヨーロッパを中心にヒットしたUK EDMグループ、ルディメンタルがジェス・グリン、ダン・キャプレン、マックルモアーをフィーチャーリングしたことで話題になった”These Days”などのヒット曲を選曲。FEELCYCLE LIVE LUSTER2018に使用された楽曲を多くセレクト。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全10曲構成です。
現在は通常提供を終了していて、年数回のリザレクションやFEEL ANYWHEREで受講可能です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 Hit 18の強度

BB2ヒットシリーズの中では最高水準の強度だと思います(高強度)
直近のBB2ヒットシリーズやFEEL NOWと比べるとハッキリとした差を感じます。
BB2の中でも比較的強度の高いアーティストプログラムやイベントプログラムに匹敵する水準です。

ラン登場曲は3曲。
3曲目、ダンベル前の7曲目、ラストソングの3曲で、すべてポジション3ランが含まれます。
中でもラストソングは爆速BPM150の中でのポジション3ラン64カウント。
この1曲をこぎ切るだけでもBB2初心者にはハードルが高いと言えそうです。
一方でBPM100を超えるポジション3ダブルタイムは登場しません。
立ちこぎは普通にシャカシャカこぐか、全速力でこぐかの2択で、メリハリをつけやすいという点ではペース配分が容易な方かもしれません。

また、難しい動作は登場しません。
4曲目のトライアングルくらいでしょうか。
一度間違えてしまったら復帰が難しいですが、慣れると問題無さそうです。

走破のポイント

ラストソングに温存

初めての人はまずペース配分の確認から。
3曲あるランをダブルタイムに置き換えて、中盤のホバーはバウンスを多少許容するのも良いかもしれません。
3曲目のポジション3ラン3本セットを全力疾走すると脚へのダメージを後半まで引きずります。
慣れてきたら負荷を上げていくと良いでしょう。

プッシュアップは深くアプローチ

ダンベルの強度は控え目です。
ダブルタイム中のプッシュアップではどうしても浅くなってしまいます。
リズムでのプッシュアップやタップ&プッシュで積極的にアプローチを回収したいところ。

ラストソング攻略

まずはBPM150の爆速ダブルタイムに慣れるところから。
お腹に力入れた状態を維持し、しっかり脚の付け根から膝を引き上げるイメージで。
まずは曲を通して脚がリズムに追いつけるようにすること。
慣れてきたら最後のエルボーダウンシングルカウントまでしっかりアプローチを回収を。

各曲の動作と強度

🚲01
Melody / Lost Frequencies feat.James Blunt
2:29
[P2↓× DT:BPM120]
[ELBOW DOWN]

ダブルタイムでひたすらエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント
→サビでライト&レフト
→ボースハンド。

2セット目も、エルボーダウンオフビート2カウント
→サビでライト&レフト
→ボースハンド。


🚲02
Let Met Tell You / Alex Martura
3:21
[P3↑× RH:BPM125]
[BACK TO UP / PUSH UP / BACK TO PUSH]

バックトゥアップ、プッシュアップ、バックトゥプッシュのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
バックトゥアップは4カウント。
プッシュアップ2カウント。
ドロップで4バック+2プッシュ。

バックトゥアップは4カウント。
プッシュアップ2カウント。
ドロップで4バック+2プッシュ
→バックトゥプッシュ。

シラタキ
シラタキ

バックトゥアップを3カウントで上体を上げず4カウントまでしっかり腰を引きます。
上体を上げながら1回目のプッシュを入れるとアプローチアップに繋がります。


🚲03
Let’s Hurt Tonight (BUNT. Remix) / OneRepublic
3:50
[P2↓P3↑× DT:BPM127]
[PUSH UP / P3RUN / P2RUN]

ダブルタイムでプッシュアップとランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント→2カウント。
2セット目は、ドロップでポジション3ラン32カウント。

3セット目は、プッシュアップ4カウント。
ポジション2ラン24カウント
→ポジション3ラン40カウント。

4セット目は、ポジション3ラン64カウント。


🚲04
Remind Me to Forget / Kygo & Miguel
3:37
[P3↑× RH:BPM99]
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / TRIANGLE]

サイサイ、タピバ、トライアングルのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サイサイ。
サビでタピバ。
トライアングル。

サイサイ。
タピバ。
サビでトライアングル。

サイサイ。
サビでトライアングル。

シラタキ
シラタキ

トライアングル(タップ→サイ→サイ→サイ)の踏み込みは左から覚えておけばOK。
スタジオでは間違ったら無理に途中から修正しようとせず、隣のバイクの人とぶつからないよう小振りなサイサイで乗り切って、次の開始タイミングで修正すると良いと思います。


🚲05
Believer / Imagine Dragons
3:24
[P2↑P3↑× RH:BPM125]
[HOVER / TAP & PUSH]

ホバーとタップ&プッシュのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション2。
ホバー96カウント。
サビでタップ&プッシュ。

ホバー64カウント。
サビでタップ&プッシュ。

ホバー64カウント。
サビでタップ&プッシュ。

シラタキ
シラタキ

タップ&プッシュが力みやすい。
頭が下がらないように、タップは背中を壁打ちするように後ろへ平行に引きます。
プッシュはハンドルに頭からではなく胸を近付けるように。


🚲06
Beautiful Trauma / P!NK
4:10
[P2↓P3↑× DT:BPM96]
[ELBOW DOWN / P3DT]

ダブルタイムでひたすらエルボーダウンのセット。

1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント
→エルボーダウンオフビート2カウント。

2セット目は、エルボーダウンライト&レフトオフビート2カウント。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント
→エルボーダウンライト&レフトオフビート2カウント。

3セット目は、サビでポジション3ダブルタイム48カウント
→エルボーダウンライト&レフトオフビート2カウント。


🚲07
Alive / Steerner & Tobu
3:49
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[PUSH UP / PUSH & ELBOW / P3RUN / P2RUN]

ダブルタイムでプッシュアップ、プッシュ&エルボー、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
しばらくペダリング。
ドロップでポジション3ラン32カウント
→ポジション2ラン32カウント。

2セット目は、プッシュ&エルボー2カウント。
しばらくペダリング。
ドロップでポジション3ラン64カウント。


🚲08
Feel It Still / Portugal. The Man
2:43
[↓:BPM79]
[DUMBBELL]

ショルダープレスとトライセプスのセット。

1セット目は、ショルダープレス2カウント。
トライセプスオフビート2カウント。

2セット目は、ショルダープレス2カウント
→ライト&レフト
→ボースハンド
→2ボース+ライト&レフト。


🚲09
These Days / Rudimental feat.Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen
3:30
[P3↑× RH⇔DT:BPM92]
[SIDE TO SIDE / P3DT / TAP IT BACK]

サイサイ、ダブルタイムでタピバのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サイサイ。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→タピバ(32カウント分)

リズムへ減速しながら、2セット目もサイサイ。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→タピバ(32カウント分)

リズムへ減速しながら、3セット目もサイサイ。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→タピバ(32カウント分)


🚲10
Here Once Again (Extended Mix) / Hardwell & Dr.Phunk
4:14
[P2↓P3↑× DT⇔RH:BPM150]
[ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW / STANDING FAST / P3RUN]

ダブルタイムでエルボーダウン、プッシュ&エルボー、スタンディングファスト、ランのセット。

爆速ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン2カウント
→シングルカウント。

リズムへ減速し、再びダブルタイムへ加速。
2セット目は、プッシュ&エルボー4カウント→2カウント。
しばらくペダリング。
スタンディングファスト8カウント→4カウント。

3セット目は、ポジション3ラン64カウント。
座ってダブルタイムへ減速。
エルボーダウンシングル64カウントでフィニッシュ。

スポンサーリンク

BB2 Hit 18のセットリスト

🚲01
Melody / Lost Frequencies feat.James Blunt
[ELOBOW DOWN]

🚲02
Let Met Tell You / Alex Martura
[BACK TO UP / PUSH UP / BACK TO PUSH]

🚲03
Let’s Hurt Tonight (BUNT. Remix) / OneRepublic
[PUSH UP / P3RUN / P2RUN]

🚲04
Remind Me to Forget / Kygo & Miguel
[SIDE TO SIDE / TAP IT BACK / TRIANGLE]

🚲05
Believer / Imagine Dragons
[HOVER / TAP & PUSH]

🚲06
Beautiful Trauma / P!NK
[ELBOW DOWN / P3DT]

🚲07
Alive / Steerner & Tobu
[PUSH UP / PUSH & ELBOW / P3RUN / P2RUN]

🚲08
Feel It Still / Portugal. The Man
[DUMBBELL]

🚲09
These Days / Rudimental feat.Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen
[SIDE TO SIDE / P3DT / TAP IT BACK]

🚲10
Here Once Again (Extended Mix) / Hardwell & Dr.Phunk
[ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW / STANDING FAST / P3RUN]

スポンサーリンク

BB2 Hit 18 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました