「BB2 HipHop 1」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB2 HipHop 1」は、全身の脂肪燃焼を目的とした中級者向けBody Burnシリーズで、レッスンに主にヒップホップ楽曲を採用したプログラム第1弾です。

2013年リリースのプログラム。第56回グラミー賞で最優秀新人賞を含む計4部門を受賞したマックルモアの”Can't Hold Us (feat. Ray Dalton)”、ヒップホップ界の大御所カニエ・ウエスト、ドクター・ドレー、エミネムなど超有名な2000年~2010年のヒップホップの曲を選曲。気軽に音楽を楽しみたい時にオススメ。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、ポジション2、ポジション3、ポジション1の3ヶ所。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全10曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB2 HipHop 1の強度

直近リリースされた「FEEL NOW」と同等の強度を感じました(並強度)

ランが登場するのはラストソングのみ。
初期にリリースされたプログラムで強度配置がハッキリしています。
4曲目、ダンベル前の7曲目、そしてラストソングの10曲目。
脚に高い負荷がかかるのはこれらのみでペースを掴みやすい。

ダンベルを含め、セットリストを通じてコンビネーション祭り。
慣れない動作やコリオがある場合は強度を感じやすいかもしれません。

走破のポイント

ピークの4曲目に備える

脚のピークが4曲目にやってきます。
3曲目までがゆったりとした曲のため、唐突な高速ダブルタイムに面喰いそうです。
序盤でしっかりウォームアップ。
5曲目以降は再びゆったりパートのため、4曲目で出し切るつもりでリズム離脱を回避したい。

コンビネーションに惑わされない

コロコロ動作を切り替えるセットが多く登場します。
しかし、どのセットも規則性のあるループです。
初見でノーミスは難しいかもしれませんが次第に慣れます。
インストラクターさんの指示に耳を傾け、リズムから外れてしまっても落ち着いて対応を。

各動作を丁寧に

コンビネーションが多いため1つ1つの動作が疎かになりがち。
6曲目のエルボーダウンとクラップのコンビネーションは、丸ごと1曲中途半端になる場合も。
アプローチを大切にするならクラップよりもエルボーダウンを優先したい。

各曲の動作と強度

🚲01
Get Ur Freak On (Edit) / Missy Elliott
3:29
[P2↓× RH:BPM178]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。

2セット目は、エルボーダウン2カウント。

3セット目と4セット目は、プッシュアップ2カウント。
エルボーダウン2カウント。


🚲02
Stronger / Kanye West
5:11
[P2↓↑P3↑× RH:BPM104]
[PUSH UP / BACK TO UP / ISOLATION]

プッシュアップ、バックトゥアップ、アイソレーションのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、プッシュアップは2カウント。
バックトゥアップ8カウント。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、プッシュアップは2カウント。
バックトゥアップ4カウント。

3セット目は、プッシュアップ2カウント。
バックトゥアップ2カウント。
ポジション2に持ち替えてアイソレーション48カウント。

再びポジション3へ。
4セット目は、バックトゥアップ2カウント。


🚲03
The Next Episode / Dr.Dre feat.Snoop Dogg
2:41
[P3↑× RH:BPM95]
[SIDE TO SIDE / PUSH UP]

サイサイとプッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サイサイ。
プッシュアップが2カウント。
サイサイ。

シラタキ
シラタキ

たっぷりプッシュアップを繰り返します。
深く曲げて積極的なアプローチ回収を。


🚲04
Can’t Hold Us / MACKLEMORE & Ryan Lewis feat.Ray Dalton
4:18
[P2↓↑× DT⇔SD:BPM146]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / CLAP / STANDING FAST]

エルボーダウン、プッシュアップ、クラップ、スタンディングファストのセット。

高速ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン2カウント
→ライト&レフト。
プッシュアップ2カウント。
4エルボー+ライト&レフト+4プッシュ(4エルボーダウン2カウント+2エルボーダウンライト&レフト2カウント+4プッシュアップ2カウント)

2セット目は、エルボーダウン4ライト4レフト2カウント
→2ライト2レフト
→4ライト1クラップ
+4レフト1クラップ
→2ライト1クラップ
+2レフト1クラップ。

一旦スローダウン後、再びダブルタイムへ加速。
3セット目は、スタンディングファスト8カウント。

4セット目は、エルボーダウンシングルカウント。


🚲05
Work Hard, Play Hard / Wiz Khalifa
3:40
[P2↓↑P1↑× RH:BPM140]
[PUSH & PULL / ISOLATION]

プッシュ&プルとアイソレーションのセット。

プッシュ&プルスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション2。
サビでポジション1ワンハンドツイストアイソレーショントゥザライト。

座ってトルクそのままプッシュ&プル。
サビでポジション1ワンハンドツイストアイソレーショントゥザレフト。


🚲06
Who’s That Girl? / Eve
4:42
[P2↓× DT:BPM96]
[ELBOW DOWN / CLAP]

ダブルタイムでエルボーダウンとクラップのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンライト&レフト3ストップシングルカウント(ライトレフトライト+レフトライトレフト)
→サビでエルボーダウンライト&レフトシングルカウント
+クラップ(ライトレフトライト+クラップ)

2セット目は、エルボーダウンライト&レフト3ストップシングルカウント。
サビでエルボーダウンライト&レフトシングルカウント+2クラップ
→エルボーダウンライト&レフトシングルカウント+3クラップ。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント
→2ライト2レフト。

シラタキ
シラタキ

リズムから離脱してしまった場合、ペダリングとエルボーダウン+クラップを同時に合わせるのは難しい。
まずはペダリングから復帰を目指し、次にエルボーダウン+クラップを。


🚲07
Ball / T.I. feat.Lil Wayne
3:25
[P3↑× DT:BPM95]
[P3DT / TAP IT UP / PUSH UP]

ポジション3ダブルタイム、プッシュアップ、タピバのセット。

1セット目は、ポジション3ダブルタイム16カウント
→タピバ(16カウント分)
→プッシュアップ2カウント(16カウント分)
→タピバ(16カウント分)

2セット目は、ポジション3ダブルタイム16カウント
→タピバ(16カウント分)
→プッシュアップ2カウント(16カウント分)
→タピバ(16カウント分)

ポジション3ダブルタイム16カウント
→タピバ(16カウント分)
→プッシュアップ2カウント(32カウント分)

3セット目は、ポジション3ダブルタイム16カウント
→タピバ(16カウント分)
→プッシュアップ2カウント(16カウント分)
→タピバ(16カウント分)


🚲08
Without Me / Eminem
4:50
[↓:BPM112]
[DUMBBELL]

フロントパンチ、ショルダープレス、ワイパー、サークルのセット。

フロントパンチライト&レフトシングルシングルダブル。
ショルダープレスライト&レフトシングルシングルダブル。
サビでフロントパンチライト&レフトシングルシングルダブル
+ショルダープレスライト&レフトシングルシングルダブル。

ワイパーワンツーストップ。
サークル2カウント。
サビでワイパーワンツーストップ
+サークル2カウント。

2フロントパンチライト&レフトシングルシングルダブル
+2ショルダープレスライト&レフトシングルシングルダブル
+2ワイパーワンツーストップ
+2サークル2カウント。
フロントパンチライト&レフトシングルシングルダブル
+ショルダープレスライト&レフトシングルシングルダブル
+ワイパーワンツーストップ
+サークル2カウント。
アームカール2カウント
→ライト&レフトシングルカウント。


🚲09
Same Love / Macklemore & Ryan Lewis feat.Mary Lambert
5:20
[P3↑× DT:BPM85]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、ボーカルパートでタピバ。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
2セット目も、ボーカルパートでタピバ。

立ちこぎ継続。
3セット目は、ボーカルパートから最後までタピバ。


🚲10
Get Up (Rattle) / Bingo Players feat.Far East Movement
2:46
[P2↓↑× DT:BPM128]
[STANDING FAST / PUSH UP / P2RUN]

スタンディングファスト、プッシュアップ、ランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、ドロップでスタンディング8カウント。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
しばらくペダリング。
ドロップでポジション2スタンディングファスト4カウント。
ポジション2ラン32カウント。

3セット目は、ポジション2スタンディングファスト2カウント。

スポンサーリンク

BB2 HipHop 1のセットリスト

🚲01
Get Ur Freak On (Edit) / Missy Elliott
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

🚲02
Stronger / Kanye West
[PUSH UP / BACK TO UP / ISOLATION]

🚲03
The Next Episode / Dr.Dre feat.Snoop Dogg
[SIDE TO SIDE / PUSH UP]

🚲04
Can’t Hold Us / MACKLEMORE & Ryan Lewis feat.Ray Dalton
[PUSH UP / ELBOW DOWN / CLAP / STANDING FAST]

🚲05
Work Hard, Play Hard / Wiz Khalifa
[PUSH & PULL / ISOLATION]

🚲06
Who’s That Girl? / Eve
[ELBOW DOWN / CLAP]

🚲07
Ball / T.I. feat.Lil Wayne
[P3DT / TAP IT UP / PUSH UP]

🚲08
Without Me / Eminem
[DUMBBELL]

🚲09
Same Love / Macklemore & Ryan Lewis feat.Mary Lambert
[TAP IT BACK]

🚲10
Get Up (Rattle) / Bingo Players feat.Far East Movement
[STANDING FAST / PUSH UP / P2RUN]

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました