「BSWi House 3」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BSWi House 3」は、BSWよりもさらに重点的にお腹周りへアプローチしたBody Shape Waist intensiveシリーズで、レッスン使用曲に主にハウスミュージック、エレクトロ、トランスを採用したプログラム第3弾です。

2022年リリースのプログラム。第57回グラミー賞の最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされたジャックス・ジョーンズの”Where Did You Go?”、オランダ出身のDJ/プロデューサーであるニッキー・ロメロの”Okay”、グラミー賞受賞歴のあるオランダ出身のプロデューサー/DJのAfrojackによる新プロジェクトのネバースリープスの”You Got The Love feat. Chico Rose”などの様々なハウス・EDMの曲をセレクト。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、ポジション2、ポジション3、ポジション5の3ヶ所。
クランチ3曲を含む全11曲構成です。
第2弾の「BSWi House 2」と同様にダンベルを使用する曲はありません。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BSWi House 3の強度

お腹と脚ともにインテンシブシリーズらしい高い強度を感じました(高強度)

ランは1度も登場しません。
代わりに脚への負荷をグッと高めているのが、ポジション3ダブルタイム中のエルボーダウン。
これまでは1曲だったところ「BSWi Hous 3」では2曲あります。
しかも2曲ともBPM150以上の爆速です。
(爆速4セット目の4カウントから入るエルボーダウンには久々に恐怖を覚えました)

クランチはスウェイ祭り、ツイスト祭り、クランチダウンアップ祭りの3本立て。
特にツイスト祭りは7分間に渡るロングセットです。
各動作の起点をどこまで下げるか、各動作のアプローチをどこまで深くするかで負荷が大きく変わります。

走破のポイント

山は7曲目と10曲目の爆速ダブルタイム

7曲目はBPM160で10曲目はBPM150の爆速で立ちこぎ。
Sigalaのラスト程ではないもののほぼランです。
お腹周りのアプローチは他で十分に回収可能なため、まずはエルボーダウンを置いておいて2曲合計の爆速4セットをこぎ切れることを優先。
両曲ともに次はクランチなので脚力を温存することなく出し切っても大丈夫です。

常に骨盤を立ててお腹に力が入った状態を維持

立ちこぎやアンダーグリップを含めて骨盤を立ててお腹に力が入った状態を起点に、どんな動作がやってきても柔軟に入れるように。
ハウスのビートに合わせて軽快にダンスするようなイメージで。
シングルカウントのダイヤモンドや、エルボーダウンオフビート直後のツイスト等、難しい動作やコンビネーションでもアプローチを回収したい。

クランチのアプローチ回収

ツイストは真ん中の軸をぶらさない。
長時間のクランチで腰を傷めずアプローチを高めるために、脇を締めて肩が下げて背中を丸めた状態の維持を。
ラストのクランチダウンアップのシングルカウントは、無理に上げ下げようとせず、肘を内側へ入れて背中を丸める↔緩めるを繰り返すとお腹へのアプローチを残しやすいかも。

各曲の動作と強度

🚲01
Quechua / Quintino, Thomas Gold
2:59
[P2↓P3↑× DT:BPM132]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

ダブルタイムでエルボーダウンとスタンディングファストのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでスタンディングファスト8カウント+4エルボーダウン2カウント。

2セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ドロップでスタンディングファスト4カウント+2エルボーダウン2カウント。


🚲02
Devotion (2020 Remix) / Bingo Players, Felguk, Fafaq
2:32
[P5↑× RH:BPM124]
[TAP IT BACK / DIAMOND / ELBOW DOWN]

タピバ、ダイヤモンド、エルボーダウンのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、ダブルタップ+ダイヤモンドトゥザライト
→ダブルタップ+ダイヤモンドトゥザレフト。

2セット目は、エルボーダウンライト&レフト2カウント
→シングルカウント。
ダブルタップ+ダイヤモンドトゥザライト
→ダブルタップ+ダイヤモンドトゥザレフト。


🚲03
You Got The Love / Never Sleeps, Afrojack, Chico Rose
3:16
[P2↓× DT:BPM125]
[UNDER GRIP / ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW]

アンダーグリップ、エルボーダウン、プッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムでアンダーグリップスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント
→ドロップで2カウント。

2セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。

3セット目は、立ちこぎポジション3。
エルボーダウン2カウント。
プッシュ&エルボー2カウント。


🚲04
Love Thang / YDG feat.Ookay
3:12
[↓:BPM150]
[CRUNCH]

クランチダウンキープ、スウェイ、クランチダウンアップのセット。

クランチダウンキープスタート。
ドロップでスウェイ4カウント。

クランチダウンキープ。
クランチダウンアップ2カウント
→シングルカウント。
ドロップでスウェイ4カウント。


🚲05
Where Did You Go? / Jax Jones, MNEK
2:57
[P3↑× RH:BPM127]
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK / TWIST]

エルボーダウン、タピバ、ツイストのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
タピバ。
サビでツイスト。
8ツイスト+4エルボーダウンオフビート2カウント。

エルボーダウンオフビート2カウント。
タピバ。
8ツイスト+4エルボーダウンオフビート2カウント
→4ツイスト+2エルボー。


🚲06
Letters / Lucas & Steve
3:11
[P5↑× RH:BPM122]
[ONE HAND TWIST / BACK TO UP]

ワンハンドツイストとバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
1セット目は、ワンハンドツイスト4ライト4レフト2カウント
→2ライト2レフト。
バックトゥアップ2カウント。

2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
ワンハンドツイスト4ライト4レフト2カウント
→2ライト2レフト。
2ワンハンドツイストトゥザライト2カウント+バックトゥアップ2カウント+2ワンハンドツイストトゥザレフト2カウント+バックトゥアップ2カウント。


🚲07
How I Like It / Vinai
2:27
[P5↑× DT⇔RH:BPM160]
[ELBOW DOWN / P5DT]

エルボーダウンとポジション5ダブルタイムのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション5。
1セット目は、直後にエルボーダウンキープ。
ダウンキープしたままダブルタイムへ加速。
ポジション5ダブルタイム32カウント
→ドロップでエルボーダウンオフビート2カウント(64カウント分)

リズムへ減速。
2セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
ポジション5ダブルタイム32カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(64カウント分)


🚲08
For Kennedy / Against All Logic
7:40
[↓:BPM94]
[CRUNCH]

クランチダウンキープ、ダウンアップ、ツイストのセット。

クランチダウンキープからクランチダウンアップ2カウント。
クランチダウンキープ。

真ん中で一度止まるツイスト2カウント
→シングルカウント。
クランチダウンアップ4カウント+2ツイスト2カウント+4ツイストシングルカウント。

ツイスト4ライト4レフトシングルカウント
→2ライト2レフト
→シングルカウント。


🚲09
Okay / Nicky Romero & MARF feat.Wulf
2:31
[P2↓P3↑× DT:BPM125]
[ELBOW DOWN / STANDING FAST / P3DT]

ダブルタイムでエルボーダウン、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
スタンディングファスト8カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

2セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント。
スタンディングファスト8カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント
→エルボーダウンシングルカウント(32カウント分)


🚲10
Till It Hurts (LNY TNZ Remix) / Yellow Claw feat.Ayden
4:04
[P3↑× RH⇔DT:BPM150]
[ELBOW DOWN / P3DT / TAP & ELBOW]

エルボーダウン、ポジション3ダブルタイム、タップ&エルボーのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、エルボーダウン4カウント→2カウント。
ビルドアップで爆速ダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム64カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(64カウント分)

リズムへ減速。
2セット目は、エルボーダウン2カウント。
タップ&エルボー
→ダブルタップダブルエルボー。

爆速ダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム64カウント
→ドロップでエルボーダウン4カウント(32カウント分)
→2カウント(32カウント分)


🚲11
I Like To Move It / Coone, Zatox
3:20
[↓:BPM155]
[CRUNCH]

クランチダウンキープ、ダウンアップ、ツイストのセット。

クランチダウンキープ。
ドロップでクランチダウンアップ4カウント
→2カウント→シングルカウント。
ツイスト4カウント→2カウント。

クランチダウンアップ4カウント→2カウント
→ドロップでシングルカウントでフィニッシュ。

スポンサーリンク

BSWi House 3のセットリスト

🚲01
Quechua / Quintino, Thomas Gold
[ELBOW DOWN / STANDING FAST]

🚲02
Devotion (2020 Remix) / Bingo Players, Felguk, Fafaq
[TAP IT BACK / DIAMOND / ELBOW DOWN]

🚲03
You Got The Love / Never Sleeps, Afrojack, Chico Rose
[UNDER GRIP / ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW]

🚲04
Love Thang / YDG feat.Ookay
[CRUNCH]

🚲05
Where Did You Go? / Jax Jones, MNEK
[ELBOW DOWN / TAP IT BACK / TWIST]

🚲06
Letters / Lucas & Steve
[ONE HAND TWIST / BACK TO UP]

🚲07
How I Like It / Vinai
[ELBOW DOWN / P5DT]

🚲08
For Kennedy / Against All Logic
[CRUNCH]

🚲09
Okay / Nicky Romero & MARF feat.Wulf
[ELBOW DOWN / STANDING FAST / P3DT]

🚲10
Till It Hurts (LNY TNZ Remix) / Yellow Claw feat.Ayden
[ELBOW DOWN / P3DT / TAP & ELBOW]

🚲11
I Like To Move It / Coone, Zatox
[CRUNCH]

スポンサーリンク

BSWi House 3 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました