「BSW Hit 8」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BSW Hit 8」は、ウエストに重点的にアプローチしたBody Shape Waistシリーズで、レッスン使用曲にUS/UKのヒット曲を採用したプログラム第8弾です。

2019年リリースのプログラム。映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』のサウンドトラックから”Everything Must Go,Pt.1″、第60回グラミー賞にて最優秀ポップパフォーマンス賞を受賞したエド・シーランの3枚目のアルバム”÷”から”Perfect”などのヒット曲を選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルは、ポジション2、ポジション3、ポジション1、ポジション5のすべて。
クランチ1曲とダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全11曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BSW Hit 8の強度

直近リリースされた「FEEL NOW」と比べて高い負荷を感じました(中強度)

ランは2曲、3曲目とラストソングに登場。
ダンベル前には追い込みセット付きのポジション5ダブルタイムも。
しっかりとした脚の負荷を感じられるセットリストです。

BSWだけあってエルボーダウンが多め。
クランチはゆっくりダウンアップの連続で腹筋をいじめ抜きます。

ダイヤモンド、ウェーブ、トライアングルなど、他のプログラムでなかなか遭遇しない動作も。
不得意な動作があると、強度以上に負荷を感じるかもしれません。

走破のポイント

リズムをキャッチする

他のBSWシリーズと同様にエルボーダウンが数多く登場します。
1曲目の前半から、ペダリングがゆったりしててエルボーダウンのリズム取りが難しい。
また5曲目のダブルタイムでの丸ごと1曲エルボーダウンもペダリングがリズムと合わないとかなりのストレスです。
まずは曲のリズムをキャッチするところから。

難しい動作もお腹を意識

ダイヤモンド、ウェーブ、トライアングルといった、なかなか遭遇しない動作が目白押し。
どの動作も腕よりお腹で支えて収縮することでアプローチを高めたい動き。
お腹で支えられるようになったら、手はハンドルに添える程度で。

3曲目を乗り切る

3曲目は高速ダブルタイムからのスタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムにラン。
一気に脚力を消耗します。
4曲目以降はダンベル前まで脚への負荷は軽めです。
3曲目で出し切るつもりでリズムから離脱しないように。

各曲の動作と強度

🚲01
Everything Must Go, Pt.1 / Keegan DeWitt, Nick Offerman & Kiersey Clemons
3:09
[P2↓× RH⇔DT:BPM130]
[ELOBOW DOWN]

ひたすらエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト。

ダブルタイムへ加速。
2セット目も、エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト
→シングルシングルダブル。


🚲02
Never Let You Go / Kygo feat.John Newman
3:52
[P3↑× RH:BPM123]
[BACK TO UP / TWIST]

バックトゥアップとツイストのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ4カウント。
ツイスト。
ドロップで4バック4ツイスト+4アップ4ツイスト。

2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
ツイスト。
ドロップで2バック2ツイスト+2アップ2ツイスト。

3セット目は、4バック4ツイスト+4アップ4ツイスト
→2バック2ツイスト+2アップ2ツイスト。

シラタキ
シラタキ

ツイストは対角線の肩と肘を寄せるようなイメージで。
軸を真っすぐにしたまま脇腹を捻るように。


🚲03
Coming Home / Sheppard
3:38
[P2↓P3↑× DT:BPM144]
[STANDING FAST / P3DT / P3RUN]

スタンディングファスト、エルボーダウン、ポジション3ランのセット。

高速ダブルタイムでスタート。
1セット目は、スタンディングファスト8カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

2セット目は、エルボーダウン2カウント。
スタンディングファスト8カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム32カウント。

3セット目は、ドロップでポジション3ラン64カウント。


🚲04
Legend / The Score
3:09
[P3↑× RH:BPM82]
[PUSH & PULL / DAIAMOND / CROUCHING]

プッシュ&プル、ダイヤモンド、クラウチングのセット。

リズムスタート。
1セット目は、プッシュ&プル。
立ちこぎポジション3へ。
サビでダイヤモンドシングルカウント。

座ってトルクそのまま。
2セット目も、プッシュ&プル。
立ちこぎポジション3へ。
サビでダイヤモンドシングルカウント。

立ちこぎ継続。
3セット目はクラウチング52カウント。
サビでダイヤモンドシングルカウント。


🚲05
Perfect (Robin Schulz Remix) / Ed Sheeran
4:09
[P1↓× DT:BPM123]
[ELBOW DOWN]

ダブルタイムでひたすらエルボーダウンのセット。

ポジション1ダブルタイムスタート。
エルボーダウンオフビート2カウント。

エルボーダウンオフビート2カウント8ライト8レフト
→4ライト4レフト
→2ライト2レフト
→ライト&レフト。


🚲06
Blow That Smoke / Major Lazer feat.Tove Lo
3:43
[P3↑× RH:BPM102]
[TAP IT BACK / WAVE / ELBOW DOWN]

タピバ、ウェーブ、エルボーダウンのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
タピバ。サビでタップ+ウェーブ4カウント。

タピバ。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。
サビでタップ+ウェーブ+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。

タピバ。
サビでタップ+ウェーブ+2エルボーダウンライト&レフトシングルカウント。

シラタキ
シラタキ

ウェーブのコンビネーションをかなりの数繰り返します。
初めての人でもそのうち慣れてくるはず。
また、難しい動作として冒頭で説明があります。
目の前に横棒があって、一度を腰を引いてから棒の下をくぐるようなイメージ。


🚲07
Chun-Li / Nicki Minaj
3:11
[↓:BPM97]
[CROUNCH]

クランチダウンキープ、ダウンアップ、ツイストのセット。

クランチダウンキープ。
ダウンアップ4カウント。
音楽が止まるタイミングでストップ。
クランチツイスト4カウント(ツイストしながらクランチダウンアップ)

再び音楽が止まってストップ。
音楽の再開とともに最後までクランチツイスト4カウント。

シラタキ
シラタキ

単調な動作の繰り返しからか曲の時間以上に長く感じます。


🚲08
Something Like / Yves V & Zaeden feat.Jermaine Fleur
3:39
[P5↑× RH⇔DT:BPM124]
[ELBOW DOWN / P5DT]

エルボーダウンとポジション5ダブルタイムのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション5。
1セット目は、エルボーダウン2カウント
→4カウント→2カウント。
ダブルタイムへ加速。
ポジション5ダブルタイム32カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(64カウント分)

立ちこぎポジション5のままリズムへ減速。
2セット目は、エルボーダウンライト&レフト2カウント。
ダブルタイムへ加速。
ポジション5ダブルタイム36カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(32カウント分)
→シングルカウント(32カウント分)


🚲09
My Feet Are on the Rock / I Am They
3:03
[↓:BPM104]
[DUMBELL]

ひたすらショルダープレスのセット。

サビでショルダープレスライト&レフトシングルシングルダブル。

ショルダープレスボースハンド2カウント
→サビでライト&レフトシングルシングルダブル。

ショルダープレスボースハンドシングルカウント
→サビでシングルシングルダブル。

シラタキ
シラタキ

少し速いものの動作は単純。
ここで腕へのアプローチをしっかり回収しましょう。


🚲10
I’m Still Here / Sia
4:01
[P3↑× RH⇒DT:BPM85]
[SIDE TO SIDE / TRIANGLE]

サイサイとトライアングルのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、サイサイ。
サビでトライアングル(タップサイサイ)

2セット目も、サイサイ。
サビでトライアングル(タップサイサイ)

ダブルタイムへ加速。
3セット目は、ダブルタイムのままトライアングル。

シラタキ
シラタキ

トライアングルが曲者。
リズムはタップ→左足→右足→左足。
ダブルタイムはタップ→右→左。


🚲11
Rise (Afrojack Remix) / Nicky Romero & Stadiumx feat.Matluck
3:48
[P1↓P5↑× DT:BPM128]
[ELBOW DOWN / P1RUN / P5RUN]

ダブルタイムでエルボーダウン、ランのセット。

ポジション1ダブルタイムでスタート。
1セット目は、エルボーダウン4カウント
→2カウント→シングルシングルカウント。
しばらくペダリング。
ドロップでポジション1ラン64カウント。

2セット目は、エルボーダウンライト&レフト2カウント。
しばらくペダリング。
ドロップでポジション5ラン64カウント。

スポンサーリンク

BSW Hit 8のセットリスト

🚲01
Everything Must Go, Pt.1 / Keegan DeWitt, Nick Offerman & Kiersey Clemons
[ELBOW DOWN]

🚲02
Never Let You Go / Kygo feat.John Newman
[BACK TO UP / TWIST]

🚲03
Coming Home / Sheppard
[STANDING FAST / P3DT / P3RUN]

🚲04
Legend / The Score
[PUSH&PULL / DAIAMOND]

🚲05
Perfect (Robin Schulz Remix) / Ed Sheeran
[ELBOW DOWN]

🚲06
Blow That Smoke / Major Lazer feat.Tove Lo
[TAP IT BACK / WAVE / ELBOW DOWN]

🚲07
Chun-Li / Nicki Minaj
[CROUNCH]

🚲08
Something Like / Yves V & Zaeden feat.Jermaine Fleur
[ELBOW DOWN / P5DT]

🚲09
My Feet Are on the Rock / I Am They
[DUMBELL]

🚲10
I’m Still Here / Sia
[SIDE TO SIDE / TRIANGLE]

🚲11
Rise (Afrojack Remix) / Nicky Romero & Stadiumx feat.Matluck
[ELBOW DOWN / P1RUN / P5RUN]

スポンサーリンク

BSW Hit 8 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました