「BB1 TSFT」の強度&セットリスト【AE版対応】FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB1 TSFT(Taylor Swift)」は、全身の脂肪燃焼を目的とした初級者向けBody Burnシリーズで、アメリカのシンガーソングライターTaylor Swift(テイラー・スウィフト)とフィールサイクルがコラボレーションしたアーティストプログラムです。
レッスン使用曲は2019年8月にリリースされたテイラー・スウィフトの7枚目のニューアルバム「Lover」収録曲を中心に採用されています。

2019年リリースのプログラム。グラミー賞を10回受賞、「最も売れたアーティスト」と呼ばれるテイラー・スウィフトの楽曲で構成。代表作”22”、”Shake It Off”、”We Are Never Ever Getting Back Together"、アルバム”Lover"に収録されている”ME!”、”The Man”、”I Forgot That You Exsited”などを選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、スタジオではポジション2とポジション1のみ。
一方、FEEL ANYWHEREではポジション2、ポジション3、ポジション1の3ヶ所です。
最初の4曲は練習パート、残り8曲がメインパート。
メインパートにダンベルとクランチ1曲ずつ含み、ダンベルの後に2曲ある全12曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB1 TSFTの強度

BB1の中でも最も低い水準だと思います。

ランもスタンディングファストも登場しません。
他のBB1が最後までこぎ切れないというFEELCYCLE初め立ての方にとっては、基本姿勢や基本動作の復習になりそうです。また、トライアルの方でも最後まで心折れずに完走できるかもしれません。運動に自信無さそうな人をトライアルに誘う時には最適かも?
一方、普段からBB2以上のプログラムを受講している人たちにとっては、明らかにこぎ足りない印象を受けると思います。

各曲の動作と強度

練習パート:スタジオ編

1曲目から4曲目まではインストラクターさんの説明を聞きつつ、基本姿勢や本プログラムに登場する動作を、真似ながら練習します。

曲は流れてますが、曲にリズムや動作を合わせることなく進行します。
説明量はおおよそ2曲分~3曲目に差し掛かる程度のため、3曲目や4曲目は聞くことなくメインパートに突入する場合もあります。

本レポートでは、こちらの練習パートで説明されるようなポイントを、メインパートの各曲の紹介の中で触れるようにします。

🚲01
I Forgot That You Existed / Taylor Swift
2:50
🚲02
Death By A Thousand Cuts / Taylor Swift
3:18
🚲03
I Think He Knows / Taylor Swift
2:53
🚲04
London Boy / Taylor Swift
3:10

練習パート:FEELANYWHERE編

🚲01
I Forgot That You Existed / Taylor Swift
2:50
[P2↓×RH⇒DT:BPM93]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、サビでプッシュアップ4カウント。
2セット目は、サビでエルボーダウン4カウント。

ダブルタイムへ加速。
曲の最後までダブルタイムを継続。


🚲02
Death By A Thousand Cuts / Taylor Swift
3:18
[P2↓↑P1↑P3↑× RH:BPM94]

座りこぎと立ちこぎを繰り返します。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション2。
ポジション1へ持ち替えます。

一旦座って次は立ちこぎポジション3。
曲の最後までひたすらペダリング。


🚲03
I Think He Knows / Taylor Swift
2:53
[P2↓P3↑× RH:BPM100]
[BACK TO UP / PUSH UP]

バックトゥアップとプッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでバックトゥアップ8カウント。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
サビでバックトゥアップ4カウント。
プッシュアップ2カウント。


🚲04
London Boy / Taylor Swift
3:10
[P2↓P3↑× RH:BPM158]
[SIDE TO SIDE]

サイサイのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでサイサイ。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
サビでサイサイ。

再度座って立ちこぎポジション3。
サビでサイサイ。

メインパート

🚲05
Cruel Summer / Taylor Swift
2:58
[P2↓× RH:BPM170]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
しばらくペダリング。
1セット目はプッシュアップ2カウント。
2セット目はエルボーダウン2カウント。

シラタキ
シラタキ

基本姿勢は、まず、サドルの奥に座ります。
お腹を引き上げたまま背中を猫背
肩の力を抜いて軽く肘を曲げて。

プッシュアップは、ハンドルに胸を近付けて肘を横に曲げながら。
エルボーダウンは、腕にアプローチするのではなくお腹を伸び縮みさせ、腕がついてくるイメージ。


🚲06
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie of Panic! At the Disco
3:13
[P2↓P1↑× RH:BPM91]
[PUSH UP]

プッシュアップのセット。

リズムスタート。
サビで立ちこぎポジション1。
サビが終わったら座りこぎポジション2。
サビで再び立ちこぎポジション1。
サビが終わっても立ちこぎのまま。
次のサビでプッシュアップ2カウント。

シラタキ
シラタキ

1曲目よりゆったりしています。
肩の力を抜いてお腹に力を入れながらお尻を出さずに真上に。
立ちこぎポジション1でのプッシュアップは、無理せず軽く肘を曲げる程度に。

🚲06【FEEL ANYWHERE Edition】※曲は同じで動作が異なります
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie of Panic! At the Disco
3:13
[SIDE TO SIDE / PUSH UP]

サイサイとプッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビでサイサイ。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
2セット目も、サビでサイサイ。

再び座って、立ちこぎポジション3。
3セット目も、サビでサイサイ。
プッシュアップ2カウント。


🚲07
22 / Taylor Swift
3:52
[P2↓× DT:BPM104]
[PUSH & ELBOW / ELBOW DOWN]

ダブルタイムでプッシュ&エルボーとエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでプッシュ&エルボー2カウント。

エルボーダウンライト&レフト2カウント→シングルカウント。
サビでプッシュ&エルボー2カウント+2エルボーライト&レフトシングルカウント。

2セット目も、サビでプッシュ&エルボー2カウント+エルボーライト&レフトシングルカウント。


🚲08
You Need To Calm Down (Clean Bandit Remix) / Taylor Swift
2:32
[P2↓P1↑× RH:BPM95]
[PUSH UP]

プッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション1。
サビでプッシュアップ2カウントを3セット繰り返します。

シラタキ
シラタキ

上半身の力を抜いてリラックス。

🚲08【FEEL ANYWHERE Edition】※曲は同じで動作が異なります
You Need To Calm Down (Clean Bandit Remix) / Taylor Swift
2:32
[P2↓P1↑× RH:BPM95]
[PUSH UP]

プッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション1。
1セット目と2セット目は、サビでプッシュアップ2カウント。
ポジション3へ持ち替えます。
3セット目は、サビでプッシュアップ2カウント。


🚲09
Shake It Off / Taylor Swift
3:39
[P2↓× RH:BPM160]
[ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW]
[P2↓P3↑× RH:BPM160]
[ELBOW DOWN / BACK TO UP]

エルボーダウンとプッシュ&エルボーのセット。

リズムスタート。
1セット目は、サビでエルボーダウン2カウントオフビート。

2セット目は、プッシュ&エルボー2カウント。
サビでプッシュ&エルボー2カウント→ライト&レフト。

3セット目は、サビでプッシュ&エルボー2カウント+エルボーダウンライト&レフト2カウント。

🚲09【FEEL ANYWHERE Edition】※曲は同じで動作が異なります
Shake It Off / Taylor Swift
3:39
[P2↓P3↑× RH:BPM160]
[ELBOW DOWN / BACK TO UP]

エルボーダウンとバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
1セット目は、サビでエルボーダウン2カウントオフビート。

立ちこぎポジション1。
2セット目は、サビでエルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト。

一旦座って再び立ちこぎポジション3。
3セット目は、サビでバックトゥアップ8カウント→4カウント。


🚲10
The Man / Taylor Swift
3:10
[↓:BPM110]
[DUMBBELL]

チェストプレス、ショルダープレス、フライのセット。

1セット目は、サビでチェストプレス2カウント。

2セット目は、ショルダープレス4カウント→2カウント。

3セット目は、フライ2カウント
→サビで4カウント→2カウント。
ショルダープレス2カウント。

シラタキ
シラタキ

休憩無しでダンベルを肩より高い位置で動作を繰り返します。
後半のフライは初心者にとってはかなりの負荷です。


🚲11
We Are Never Ever Getting Back Together / Taylor Swift
3:13
[↓:BPM86]
[CROUNCH]

クランチダウンキープとツイストのセット。

クランチダウンキープ。
サビでツイストシングルカウント。

ツイスト2カウント
→サビでシングルカウント。

クランチダウンキープ。
サビでツイストシングルカウント。

シラタキ
シラタキ

足を前後同じ高さで固定し、トルクが止まるまで重くして、サドルの前方に座ります。
膝を付けて太ももの内側へアプローチを。
足が開きやすいのでしっかり閉めて。
手は頭の横。
体と足が一直線のところまでで止めます。それ以上下げると腰を痛めやすくなります。

お腹を捻るツイスト。
腕を動かすのではなくお腹を捻ることで手がついてくるイメージ。
シングルカウントは左から右へ、右から左へ、一気に。
2カウントは真ん中で1回1回止めて左右に振ります。


🚲12
Paper Rings / Taylor Swift
3:42
[P2↓× DT:BPM104]
[ELBOW DOWN]

ダブルタイムでエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでエルボーダウンシングルカウント。
エルボーダウンライト&レフトシングルカウント
→サビでボースハンド。

2セット目は、サビでエルボーダウンシングルカウント。

スポンサーリンク

BB1 TSFTのセットリスト

PRACTICE PART(練習パート)

🚲01
I Forgot That You Existed / Taylor Swift
🚲02
Death By A Thousand Cuts / Taylor Swift
🚲03
I Think He Knows / Taylor Swift
🚲04
London Boy / Taylor Swift

MAIN PART(メインパート)

🚲05
Cruel Summer / Taylor Swift
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

🚲06
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie of Panic! At the Disco
[PUSH UP]
🚲️06【FEEL ANYWHERE Edition】
ME! / Taylor Swift feat.Brendon Urie of Panic! At the Disco
[SIDE TO SIDE / PUSH UP]

🚲07
22 / Taylor Swift
[PUSH & ELBOW / ELBOW DOWN]

🚲08
You Need To Calm Down (Clean Bandit Remix) – Taylor Swift
[PUSH UP]

🚲09
Shake It Off / Taylor Swift
[ELBOW DOWN / PUSH & ELBOW]
🚲️09【FEEL ANYWHERE Edition】
Shake It Off / Taylor Swift
[ELBOW DOWN / BACK TO UP]

🚲The Man / Taylor Swift
[DUMBBELL]

🚲11
We Are Never Ever Getting Back Together / Taylor Swift
[CROUNCH]

🚲12
Paper Rings / Taylor Swift
[ELBOW DOWN]

スポンサーリンク

BB1 TSFT 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました