「BB1 90s 1」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB1 90’s 1」は、全身の脂肪燃焼を目的とした初級者Body Burnシリーズで、レッスン使用曲に1990年代の楽曲を採用したプログラム第1弾です。

2016年リリースのプログラム。FEELCYCLEが厳選した曲で構成されたジェネレーションシリーズ。 1991~1998年の90年代の楽曲をセレクト。ロックの殿堂入りを果たしたR.E.M.の代表曲”Losing My Religion”、映画『パルプ・フィクション』に登場する”Girl, You’ll Be a Woman Soon”、グラミー賞で8部門にノミネートされた映画『バニラ・スカイ』『ブルース・オールマイティ』でも登場する”One of Us”などの名曲を選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
最初の3曲が練習パートで、残りの8曲がメインパート。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全11曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB1 90’s 1の強度

直近リリースされた「FEEL NOW」と比べて明らかに負荷は控えめに感じました(低強度ー)
BB1の中でも強度は低いと思います。

ランは登場しません。
一方、BB1では珍しくポジション3ダブルタイムが登場します。
ラストソングのフィニッシュのみですが48カウント。
あとは直前のスタンディングファストくらいで脚への負荷は軽めです。

1曲あたりに登場する動作の種類が極端に少なく、10曲中7曲は1曲あたり1種類の動作。
単調に感じやすいでしょう。
ダンベルはフライを含む動作がコロコロ変わるセット。
初見では追い着くのにやっとかもしれませんが、基本動作を切り替えるだけのため、慣れると難しくありません。

走破のポイント

序盤から深くアプローチ

カウント長めで動作を繰り返します。
プッシュアップは4カウントのみで2カウントへ加速することはありません。
序盤の練習パートから積極的に深くアプローチするのがおすすめ。

バックトゥアップのバックでバウンス抑制

スプリント曲が限られていることから、他で脚へも負荷をかけていきたいところ。
単にバックトゥアップを繰り返すのではなく、バック時にバウンスを抑制すると脚へのアプローチアップに。

ダンベルは肘の高さを維持

ダンベルは、アームカール、フライ、ショルダープレス、トライセプス、プルダウンと、コロコロと動作を変えて進行します。
いずれも肘の高さは胸よりも下げないように。
プルダウンは腕の上げ下げではなく、ダンベルを目の前で固定。
ダウンでお腹を縮めるように。

各曲の動作と強度

練習パート

🚲01
Carnival / The Cardigans
3:36
[P2↓× RH⇔DT:BPM111]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップとエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント。
2セット目は、サビでエルボーダウン4カウント。

ダブルタイムへ加速。
3セット目は、サビでプッシュアップ4カウント。
エルボーダウン4カウント。

リズムへ減速。
再びダブルタイムへ加速してフィニッシュ。


🚲02
Girl, You’ll Be a Woman Soon / Urge Overkill
3:09
[P2↓P3↑× RH:BPM114]
[BACK TO UP]

ひたすらバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ8カウント
→4カウント→2カウント。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、バックトゥアップ4カウント。


🚲03
What’s Up ? / 4 Non Blondes
4:55
[P2↓P3↑× RH:BPM134]
[SIDE TO SIDE]

ひたすらサイサイのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
サイサイ。

一旦座って、しばらくして立ちこぎポジション3。
サイサイ。

再び座って、しばらくして再度立ちこぎポジション3。
サイサイ。

メインパート

🚲04
Song 2 / Blur
2:01
[P3↑× RH:BPM130]
[PUSH UP]

ひたすらプッシュアップのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、プッシュアップ4カウント。

座ってダブルタイムへ加速。
2セット目も、プッシュアップ4カウント。


🚲05
Losing My Religion / R.E.M.
4:28
[P3↑× RH:BPM126]
[BACK TO UP]

ひたすらバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ8カウント→4カウント。

2セット目は、バックトゥアップ4カウント→2カウント。

3セット目は、バックトゥアップ2カウント。


🚲06
One of Us / Joan Osborne
5:21
[P2↓× RH:BPM175]
[ELBOW DOWN]

ひたすらエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、サビでエルボーダウン4カウント。
2セット目と3セット目は、エルボーダウン4カウント
→サビで2カウント。


🚲07
The Rockafeller Skank / Fatboy Slim
6:53
[P2↓P3↑× RH⇔DT:BPM153]
[PUSH UP / BACK TO UP]

プッシュアップとバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、プッシュアップ4カウント。
バックトゥアップ4カウント。
プッシュアップ4カウント。

座ってダブルタイムで曲に合わせて加速。
リズムへ減速。

再びダブルタイムで曲に合わせて加速。
2セット目は、プッシュアップ4カウント。


🚲08
Informer / Snow
4:28
[↓:BPM98]
[DUMBBELL]

アームカール、フライ、ショルダープレス、トライセプス、プルダウン、プルインのセット。

アームカール2カウント。
フライ2カウント。
ショルダープレス2カウント。
トライセプス2カウント。
プルダウン2カウント。

アームカール2カウント。
フライ2カウント。
ショルダープレス2カウント。
トライセプス2カウント。
プルダウン2カウント。

プルイン2カウント。
アームカールライト&レフトシングルカウント。


🚲09
All For Love / Bryan Adams, Rod Stewart & Sting
4:43
[P2↓P3↑× RH:BPM75]
[SIDE TO SIDE]

ひたすらサイサイのセット。

リズムスタート。
しばらくして立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビでサイサイ。

一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
2セット目も、サビでサイサイ。


🚲10
My Heart Will Go On (Love Theme from “Titanic”) / Céline Dion
4:40
[P2↓P3↑× DT:BPM99]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / STANDING FAST / P3DT]

プッシュアップ、エルボーダウン、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目と2セット目は、プッシュアップ4カウント。
エルボーダウン4カウント。

3セット目は、スタンディングファスト16カウント。
ポジション3ダブルタイム48カウント。

シラタキ
シラタキ

通常はBPM100以上をポジション3ダブルタイムと表記していますが、BPM99は体感で変わらないため、ポジション3ダブルタイムと表記しました。


🚲Stretch
Love Shine a Light / Katrina And The Waves
2:52

スポンサーリンク

BB1 90’s 1のセットリスト

練習パート

🚲01
Carnival / The Cardigans
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

🚲02
Girl, You’ll Be a Woman Soon / Urge Overkill
[BACK TO UP]

🚲03
What’s Up ? / 4 Non Blondes
[SIDE TO SIDE]

メインパート

🚲04
Song 2 / Blur
[PUSH UP]

🚲05
Losing My Religion / R.E.M.
[BACK TO UP]

🚲06
One of Us / Joan Osborne
[ELBOW DOWN]

🚲07
The Rockafeller Skank / Fatboy Slim
[PUSH UP / BACK TO UP]

🚲08
Informer / Snow
[DUMBBELL]

🚲09
All For Love / Bryan Adams, Rod Stewart & Sting
[SIDE TO SIDE]

🚲10
My Heart Will Go On (Love Theme from “Titanic”) / Céline Dion
[PUSH UP / ELBOW DOWN / STANDING FAST / P3DT]

🚲Stretch
Love Shine a Light / Katrina And The Waves

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました