「BB3 House 1」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BB3 House 1」は、全身の脂肪燃焼を目的とした上級者Body Burnシリーズで、レッスン使用曲に主にハウスミュージック、エレクロ、トランスを採用したプログラム第1弾です。

2015年リリースのプログラム。UKのドラムンベース・ユニット、シグマの”Nobody to Love(Extended Mix)”をまた60年代から70年代にかけて活躍したロックバンド、ドアーズとスクリレックスとのコラボ曲”Breakn’ A Sweat”のZEDD Remix、スウェーデン出身のDJであるギャランティスの”Runaway (U & I)”などのビートが強いハウスの曲をセレクト。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、ポジション2とポジション3のみ。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全10曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BB3 House 1の強度

BB3の中では比較的低い強度です(超強度)

ランが登場するのは、4曲目とラストソング10曲目の2曲。
その他の消耗ポイントは、高速タピバとダンベルとポジション3ダブルタイムと、動作自体は非常にシンプル。
難しいと言える動作は、速いリズムでのタップ&プッシュくらいでしょうか。
BB3では珍しく休憩曲と言える強度の低い曲が複数配置されています。
そのため高強度の曲にある程度温存、回復した状態で臨めます。

走破のポイント

スロースタートの序盤に油断しない

前半に休憩曲があるため、高負荷セットをこぎ続けるBB3らしさが弱め。
ハウスの疾走感もあってペースを越えてついつい飛ばしてしまいがちです。
後半はしっかりBB3らしい高強度の曲が続きます。
慣れるまでは決して飛ばし過ぎず、いつものBB3のペースで臨むことをおすすめします。

高速タピバを制す

ダブルタイムでタピバやタップ&プッシュを繰り返す場面が数多くあります。
脚だけで支えているとあっと言う間に消耗してしまうため、体幹で支えるのは必須。

高負荷に堪えられるダンベルサイズで

5分間ほぼ休憩することなくショルダープレスとトライセプスを2カウント~シングルカウントで繰り返すセットで、一度も肩からダンベルを下げることがありません。
普段のダンベルに比べるとかなり負荷が高いため、腕を痛めない無理の無いダンベルサイズで。

各曲の動作と強度

🚲01
Sun Goes Down (Radio Mix) / Robin Schulz feat.Jasmine Thompson
2:59
[P2↓P3↑× DT⇔RH:BPM125]
[P3DT / ELBOW DOWN]

ダブルタイムでエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、ポジション3ダブルタイム96カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(64カウント分)

立ちこぎのままリズムへ減速します。
2セット目も、ポジション3ダブルタイム32カウント
→ドロップでエルボーダウン2カウント(64カウント分)

シラタキ
シラタキ

いきなりポジション3ダブルタイム96カウント。
レッスン前に入念にウォームアップを。
エルボーダウンでは脇を軽くしめて。


🚲02
Everyone’s a DJ (Paolo Ortelli vs. Degree Edit) / Spankers
3:33
[P3↑× RH:BPM130]
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / PUSH UP]

サイサイ、バックトゥアップ、プッシュアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
サイサイ。

バックトゥアップ2カウント。
サイサイ。
バックトゥサイド2カウント。

バックトゥアップ2カウント。
サイサイ。
バックトゥサイド2カウント。

プッシュアップ2カウント。
バックトゥサイド2カウント。


🚲03
We Like To Party (Radio Edit) / Showtek
3:28
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / STANDING FAST / P3DT]

ダブルタイムでプッシュアップとエルボーダウン、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
スタンディングファスト8カウント→4カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム8カウント+ポジション3ダブルタイム×4プッシュアップ2カウント(32カウント分)
→ポジション3ダブルタイム4カウント+ポジション3ダブルタイム×2プッシュアップ2カウント(48カウント分)

ここで座ります。
2セット目は、プッシュアップ2カウント。
スタンディングファスト8カウント→4カウント。
ドロップでポジション3ダブルタイム8カウント+ポジション3ダブルタイム×4プッシュアップ2カウント(32カウント分)
→ポジション3ダブルタイム4カウント+ポジション3ダブルタイム×2プッシュアップ2カウント(32カウント分)
→ポジション3ダブルタイム2カウント+ポジション3ダブルタイム×プッシュアップ2カウント(16カウント分)


🚲04
Runaway (U & I) / Galantis
3:47
[P2↓↑P3↑× DT:BPM126]
[P2DT / ELBOW DOWN / PUSH UP / P3RUN]

ポジション2ダブルタイム、エルボーダウン、プッシュアップ、プッシュ&エルボー、ポジション3ランのセット。

ダブルタイムスタート。
ポジション2ダブルタイム32カウント。
→エルボーダウンシングルカウント(32カウント分)
ドロップでポジション3ラン64カウント。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
プッシュ&エルボーシングルカウント。
しばらくペダリング。
ポジション3ラン96カウント。

シラタキ
シラタキ

ポジション2ダブルタイムでは胸を広げます。
お腹に力を入れてバランスを取って。


🚲05
Born Slippy Nuxx (Radio Edit) / Underworld
4:24
[P3↑× RH:BPM140]
[BACK TO UP]

ひたすらバックトゥアップのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
バックトゥアップ2カウントをひたすら4分間ほど繰り返します。


🚲06
Nobody to Love / Sigma
4:10
[P3↑× DT:BPM88]
[PUSH UP / TAP IT BACK / TAP & PUSH]

プッシュアップ、ダブルタイムでタピバとタップ&プッシュのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、プッシュアップシングルカウント。
タップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ
→タップ&プッシュ。

2セット目も、プッシュアップシングルカウント。
タップ&プッシュ
→ダブルタップダブルプッシュ
→タップ&プッシュ。


🚲07
Burnin / Calvin Harris & R3HAB
3:54
[P3↑× DT⇔RH:BPM128]
[P3DT / TAP IT BACK / TAP & PUSH / PUSH & ELBOW]

ポジション3ダブルタイム、タピバ、タップ&プッシュ、プッシュ&エルボーのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目、ポジション3ダブルタイム32カウント
→ドロップでタピバ(32カウント分)
→タップ&プッシュ(32カウント分)

立ちこぎのままリズムへ減速。
2セット目は、プッシュ&エルボー2カウント
→シングルカウント
プッシュ&エルボーを続けたままダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム×プッシュ&エルボーシングルカウント(32カウント分)
→ドロップでタピバ(32カウント分)
→タップ&プッシュ(32カウント分)
→タピバ(32カウント分)
→プッシュ&エルボーシングルカウント(64カウント分)

シラタキ
シラタキ

1セット目は、ドロップ前から立ちます。
こっちが本番高速タピバ。
プッシュ&エルボーは低い位置を起点に。
汗でハンドルが滑りやすくなっているはずなので注意を。


🚲08
Breakn’ a Sweat (Zedd Remix) / Skrillex & The Doors
5:30
[↓:BPM130]
[DUMBBELL]

ショルダープレス、トライセプス、スライドのセット。

1セット目は、ショルダープレスシングルカウント。
ハンズアップの状態でホールド。

2セット目は、トライセプス2カウント
→シングルカウント。
ショルダープレスシングルカウント。
ハンズアップの状態でホールド。

3セット目は、トライセプス2カウント
→シングルカウント。
ショルダープレスシングルカウント。
前後のスライドシングルカウント。

シラタキ
シラタキ

ダンベルを肩の高さから一度も下げない5分間。
トライセプスとは言え、これだけ長時間シングルカウントを繰り返すとかなりの負荷に。
初見は無理せずにダンベルサイズの調整を。


🚲09
Start Again / Kaskade feat.Becky Jean Williams
4:15
[P2↑P3↑× RH⇔DT:BPM128]
[HOVER / P3DT]

ホバーとポジション3ダブルタイムのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション2。
1セット目は、ホバー96カウント。
ポジション3に持ち替えます。
タピバ。
サビでポジション3ダブルタイム64カウント。

立ちこぎのままリズムへ減速。
2セット目は、タピバ。
ポジション2へ持ち替えて、ホバー128カウント。
ポジション3へ持ち替えて、ポジション3ダブルタイム64カウント。

シラタキ
シラタキ

立ちこぎポジション2のホバーでは胸を広げて。
積極的に脚へ負荷をかけていきたい。


🚲10
Airwave (Twoloud Radio Edit) / Rank 1
3:34
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[P3RUN / PUSH UP / TAP IT BACK / P3DT]

ラン、ダブルタイムでプッシュアップとタピバ、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、ドロップでポジション3ラン64カウント。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
しばらくペダリング。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→ドロップで高速タピバ(64カウント分)
ポジション3ラン64カウント。

シラタキ
シラタキ

ポジション3ダブルタイム→高速タピバ→ポジション3ランへと繋げていく怒涛のセット。
お腹で支え続けて。
曲の展開からフィニッシュのランはもっと続きそうに感じますが64カウントで終わるため、余力を残さず力を出し切りたい。

🚲Stretch
In the Palm of Your Hand / Steen Thottrup
3:45

スポンサーリンク

BB3 House 1のセットリスト

🚲01
Sun Goes Down (Radio Mix) / Robin Schulz feat.Jasmine Thompson
[P3DT / ELBOW DOWN]

🚲02
Everyone’s a DJ (Paolo Ortelli vs. Degree Edit) / Spankers
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / PUSH UP]

🚲03
We Like To Party (Radio Edit) / Showtek
[STANDING FAST / ELBOW DOWN / PUSH UP / P3DT]

🚲04
Runaway (U & I) / Galantis
[P2DT / PUSH UP / ELBOW DOWN / P3RUN]

🚲05
Born Slippy Nuxx (Radio Edit) / Underworld
[BACK TO UP]

🚲06
Nobody to Love / Sigma
[PUSH UP / TAP IT BACK / TAP & PUSH]

🚲07
Burnin / Calvin Harris & R3HAB
[P3DT / TAP IT BACK / TAP & PUSH / PUSH & ELBOW]

🚲08
Breakn’ a Sweat (Zedd Remix) / Skrillex & The Doors
[DUMBBELL]

🚲09
Start Again / Kaskade feat.Becky Jean Williams
[HOVER / P3DT]

🚲10
Airwave (Twoloud Radio Edit) / Rank 1
[P3RUN / PUSH UP / TAP IT BACK / P3DT]

🚲Stretch
In the Palm of Your Hand / Steen Thottrup

スポンサーリンク

BB3 House 1 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました