「BSL Hit 8」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BSL Hit 8」は、美脚と美しいヒップラインを目指したBody Shape Leg & Hipシリーズで、レッスン使用曲にUS/UKのヒット曲を採用したプログラム第8弾です。

2018年リリースのプログラム。世界的な人気を持つアリアナ・グランデがニッキー・ミナージュとコラボレーションした”Side To Side”、アメリカ合衆国のヴァイオリニストのリンジー・スターロングの”Something Wild”など静かなメロディの中にも力強さを感じる楽曲を多く選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

他BSL同様にプッシュアップやエルボーダウンが一切登場しません。
使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある10曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BSL Hit 8の強度

BSLシリーズの中では強度は低めだと思います(中強度)

ランが登場するのは1曲のみ。
しかも、32カウントと64カウントを1回ずつと短いです。
ダブルタイム中のサイサイ、バックトゥアップ、タピバや、クラウチングが脚力の消耗ポイントになってきます。

走破のポイント

空中戦は体幹で

ポジション3ダブルタイムをこぎながらの動作が度々登場します。
体幹で支えて消耗少なく長くこげる工夫を。
また、軸ブレも軽減されて、腰や脚など、本来効かせるべきところへのアプローチが高まります。

ももの付け根から膝を引き上げる

ペダリングは踏み込んで進めるというより、ももの付け根から膝を引き上げるように。
爪先を下に向けたアンクルシェイプだと自然と引き上がり感覚が掴めるはず。

リズムとダブルタイムに忠実に

リズムとダブルタイムを行き来し、その中で同じ動作を繰り返す場面が度々あります。
まずはビートをつかんでペダリングがリズムと合わせること。
これを持続するコツは前に挙げた2つで、忠実にできるようになるとぐっと難度が下がります。

各曲の動作と強度

🚲01
In My Arms / Grizfolk feat.Jamie N Commons
2:52
[P2↓P3↑× RH:BPM140]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サビでダブルタップ。
2セット目は、サビでダブルタップ→シングルタップ。

シラタキ
シラタキ

タピバは頭の高さ変えずに後方へ平行移動を。
体幹で支えられると安定し、腰まわり、太もも、ふくらはぎへのアプローチが増します。


🚲02
P.Y.T. (Pretty Young Thing) / John Gibbons
3:15
[P2↓P3↑× DT:BPM125]
[STANDING FAST / P3DT]

スタンディングファストとポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目はサビでスタンディング8カウント→4カウント。

2セット目は、ポジション3ダブルタイム36カウント。
ダウンが先のスタンディングファスト4カウント。

座ります。
3セット目は、サビでスタンディングファスト4カウント。

シラタキ
シラタキ

アップとダウンのタイミングで空回りしないよう、常にビートを掴んだ状態で。


🚲03
Side To Side / Ariana Grande feat.Nicki Minaj
3:46
[P2↓P3↑× RH⇒DT:BPM78]
[PUSH & PULL / SIDE TO SIDE]

プッシュ&プルとサイサイのセット。

プッシュ&プルスタート。
しばらくして立ちこぎでプッシュ&プルを継続。
サビでサイサイ。

座ってプッシュ&プル。
しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでサイサイ。

後半に入り立ちこぎのままダブルタイムへ加速。
サビでサイサイ2カウント。

シラタキ
シラタキ

サイサイでは肩や腕に力を入れず、しっかり腰を引いて体勢を低くして。
手に出来るだけ頼らず、体幹でバランスを取れると尚◎


🚲04
G THING / QUINTINO & MIGHTYFOOLS
2:40
[P2↓P3↑× DT:BPM128]
[STANDING FAST / BACK TO UP]

スタンディングファストとバックトゥアップのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、ドロップでアップ4カウント
→バック4カウント
→アップ4カウント
→ダウン4カウント。

2セット目は、スタンディングファスト4カウント。
ドロップでアップ4カウント
→バック4カウント
→アップ4カウント
→ダウン4カウント。

シラタキ
シラタキ

リズムに忠実にこなせれば繰り返しなので難度は高くないはず。
無駄な力を抜いて軽やかに動けると動作の変化にも順応しやすい。


🚲05
Pray (MK Remix) / Sam Smith
6:22
[P3↑× RH:BPM124]
[BACK TO UP / CROUNCHING / UP TO BACK / UP TO SIDE / BACK TO SIDE]

前半はバックトゥアップとクラウチング。
後半はアップトゥバックとアップトゥサイサイのセット。

バックトゥアップ4カウント→2カウント。
クラウチング64カウント。
アップトゥバック2カウント→4カウント。
クラウチング128カウント。
4アップ+4サイサイ+4バック+4サイサイ
→2アップ+2サイサイ+2バック+2サイサイ。

シラタキ
シラタキ

そこそこ長いクラウチング。
お腹でグッと支えて膝の引き上げを意識しつつノーバウンスを極力忠実に。


🚲06
Something Wild / Lindsey Stirling feat.Andrew McMahon In the Wilderness
3:44
[P3↑× RH⇔DT:BPM106]
[SIDE TO SIDE / P3DT / TAP IT BACK]

サイサイ、ポジション3ダブルタイム、タピバのセット。

リズムスタート。
開始まもなくポジション3。
サイサイ。
サビでダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→タピバ(32カウント分)

リズムへ減速しサイサイ。
サビで再びダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム32カウント
→タピバ(32カウント分)
→ポジション3ダブルタイム64カウント
→タピバ(64カウント分)

シラタキ
シラタキ

リズムとダブルタイムを何度も行き来するのでバランスが崩れないように。
肩など脱力した状態からだとスムーズに切り替えやすい。


🚲07
Carry You Home / Tiësto feat.StarGate & Aloe Blacc
3:12
[P2↓P3↑× DT:BPM122]
[STANDING FAST / P2RUN / P3RUN]

スタンディングファストとランのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、ドロップでポジション2スタンディングファスト8カウント。
ポジション2ラン32カウント。

2セット目は、ポジション2スタンディングファスト4カウント。
ドロップでポジション3ラン64カウント。

シラタキ
シラタキ

ラストソングまで脚力がもちそうにない時はここで飛ばし過ぎないように。


🚲08
Eraser / Ed Sheeran
3:47
[P2↓P3↑× RH:BPM86]
[PUSH & PULL / DUMBBELL]

プッシュ&プルとキックバックのセット。

リズムスタート。
まずは座りこぎでプッシュ&プル。
サビ前から立ちこぎポジション3でプッシュ&プル。

座ってプッシュ&プル継続。
サビ前から両手にダンベルを持って両手同時にキックバック8カウントを最後まで。

シラタキ
シラタキ

キックバックにプッシュ&プルが加わり軸がぶれやすい。
お腹でしっかり支えることが大切。
キックバックが疎かになりがち。
脇をしめて肘の位置を固定、肘から先を弧をを描くように。


🚲09
Praying / Kesha
3:50
[P3↑× DT:BPM73]
[TAP IT BACK]

ダブルタイムでタピバのセット。

ダブルタイムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、タピバ
→サビでダブルタップ。

2セット目は、タピバ
→サビでダブルタップ
→シングルタップ
→サビでダブルタップ。

シラタキ
シラタキ

お尻を突き出さず、頭の高さを維持したまま後方へ平行移動を。


🚲10
Something Beautiful / Tim Halperin
3:56
[P2↓P3↑× DT:BPM118]
[P3DT]

ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、サビでポジション3ダブルタイム64カウント。

一旦座ります。
2セット目は、サビでポジション3ダブルタイム128カウント。

リズムへ減速し、サビで再びダブルタイムへ加速。
3セット目は、ポジション3ダブルタイム72カウントでフィニッシュ。

シラタキ
シラタキ

常に体幹で支え、膝を引き上げるペダリングを意識して。
長時間の立ちこぎで力まないように。

スポンサーリンク

BSL Hit 8のセットリスト

🚲01
In My Arms / Grizfolk feat.Jamie N Commons
[TAP IT BACK]

🚲02
P.Y.T. (Pretty Young Thing) / John Gibbons
[STANDING FAST / P3DT]

🚲03
Side To Side / Ariana Grande feat.Nicki Minaj
[PUSH & PULL / SIDE TO SIDE]

🚲04
G THING / QUINTINO & MIGHTYFOOLS
[STANDING FAST / BACK TO UP]

🚲05
Pray (MK Remix) / Sam Smith
[BACK TO UP / CROUNCHING / UP TO BACK / UP TO SIDE / BACK TO SIDE]

🚲06
Something Wild / Lindsey Stirling feat.Andrew McMahon In the Wilderness
[SIDE TO SIDE / P3DT / TAP IT BACK]

🚲07
Carry You Home / Tiësto feat.StarGate & Aloe Blacc
[STANDING FAST / P2RUN / P3RUN]

🚲08
Eraser / Ed Sheeran
[PUSH & PULL / DUMBBELL]

🚲09
Praying / Kesha
[TAP IT BACK]

🚲10
Something Beautiful / Tim Halperin
[P3DT]

スポンサーリンク

BSL Hit 8 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました