「BSL Hit 6」の強度&セットリスト:FEELCYCLE

FEELCYCLE「BSL Hit 6」は美脚と美しいヒップラインを目指したBody Shape Leg & Hipシリーズで、レッスン使用曲にUS/UKのヒット曲を採用したプログラム第6弾です。

2016年リリースのプログラム。ビルボードUKシングルチャートで3週連続1位を獲得したジャスティン・ティンバーレイクの”Mirrors”、グラミー賞2部門ノミネート、エリー・ゴールディングの”Love Me Like You Do”収録アルバムから”Something In the Way You Move”、”Hello”他3曲が共にビルボードHot100入りを果たした、アデルの3rdアルバム『25』から”When We Were Young”などのヒット曲を選曲。

FEELCYCLE公式紹介文より

使用するハンドルポジションは、ポジション2、ポジション3、ポジション1の3ヶ所。
このうちポジション1は1曲のみで使用します。
ダンベル1曲を含み、ダンベルの後に2曲ある全10曲構成です。

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BSL Hit 6の強度

直近のBB2ヒットシリーズやFEEL NOWはもちろん、BSLシリーズの中でも強度を感じやすいと思います(高強度)

  • 爆速ダブルタイムのスタンディングファスト
  • クラウチングのままのダブルタイム加速
  • 超長いポジション3ダブルタイム

と多様な高負荷ペダリングが目白押しです。

また、動作が単調なため長く感じやすいセットリストです。
また、

  • ポジション3ダブルタイムの得意不得意
  • ノーバウンスをどれだけ忠実にやるか

で強度の感じ方が大きく変わってきます。
唯一腕へのアプローチとなるダンベル曲がダンベル2本持ち。
腕はもちろん、ノーバウンスで脚にも高負荷がかかります。

走破のポイント

緩急に翻弄されない

緩急がハッキリしているセットリストです。
序盤からしっかり体を温めておき、スプリント曲に備えましょう。
慣れないうちは無理せず自身のペースで。

長くこげる立ちこぎを

上半身をリラックス、脇を軽くしめて肘を軽く曲げて、手はハンドルに添えるだけ。
お腹に力が入りやすい体制ができたら、体幹でしっかり支えて、膝を引き上げるようにこぎ続けます。
ラストソングは脚力が消耗している中でのポジション3ダブルタイム224カウント。
そこそこ速いダブルタイムなのでベストなフォームで臨みたいところ。

ダンベルも無理しない

ダンベル2本持ちでホバーという、脚を休ませてもらえないダンベルタイムです。
もし普段からダンベルを増量しているなら、初見では1つ軽めのダンベルがおすすめです。
腕へのアプローチを高めたいなら、アップ&ダウンですぐに上げ切らず&下げ切らず、腕に負荷がかかっている時間を長めに取ると良いと思います。

各曲の動作と強度

🚲️01
Mirrors / Justin Timberlake
8:05
[P3↑× DT:BPM77]
[TAP IT BACK]

ひたすらタピバのセット。

開始しばらくして立ちこぎポジション3。
曲が終わるまで立ちこぎです。
1セット目は、2回目のサビからタピバ。
2セット目は、サビでタピバシングルタップ→ダブルタップ。

ここで終わりかと思いきや、曲は続いて3セット目のタピバ。
シングルタップとダブルタップを切り替えながら繰り返します。

シラタキ
シラタキ

まるでDEEPのようなかなり長い立ちこぎ&タピバ。
1曲目から8分もあって正直飽き飽きしますが、ここでしっかり体を温めておきましょう。


🚲️02
Locked Away / R.City feat.Adam Levine
3:47
[P3↑× RH:BPM118]
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

サイサイ、バックトゥアップ、バックトゥサイドのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3、
1セット目は、サイサイ。
バックトゥアップ4カウント。
サビでバックトゥサイド4カウント。

2セット目は、サイサイ。
バックトゥアップ2カウント。
サビでバックトゥサイド2カウント。

3セット目は、サイサイ。
バックトゥサイド4カウント→2カウント。


🚲️03
Something in the Way You Move / Ellie Goulding
3:47
[P3↑×RH⇔DT:BPM123]
[SIDE TO SIDE / P3DT / CROUCHING]

サイサイ、ポジション3ダブルタイム、クラウチングのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サイサイ。
サビでポジション3ダブルタイム32カウント。

リズムへ減速。
2セット目は、サイサイ。
クラウチング32カウント
→ダブルタイムへ加速し64カウント。

リズムへ減速。
3セット目は、ポジション3ダブルタイム64カウント。


🚲️04
Coming Home / Sigma & Rita Ora
3:27
[P2↓↑× RH⇔DT:BPM172]
[STANDING FAST]

ひたすらスタンディングファストのセット。

リズムスタート。
爆速ダブルタイムへ加速。
1セット目は、ドロップでポジション2スタンディングファスト16カウント→8カウント。

一旦リズムへ減速し、再び爆速ダブルタイムへ加速。
2セット目は、ポジション2スタンディングファスト16カウント→4カウント。


🚲️05
Sugar / Robin Schulz feat.Francesco Yates
3:39
[P3↑× RH:BPM123]
[BACK TO UP / CROUCHING / UP TO BACK]

バックトゥアップ、クラウチング、アップトゥバックのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ2カウント。
クラウチング32カウント。
アップトゥバック2カウント。

2セット目は、バックトゥアップ2カウント。
3セット目は、右手を背中の後ろにまわして左手でワンハンドバックトゥアップ2カウント。
4セット目は、左手を背中の後ろにまわして右手でワンハンドバックトゥアップ2カウント。


🚲️06
Shot Me Down / David Guetta feat.Skylar Grey
3:11
[P2↓× RH⇔DT:BPM96⇔128]
[P3DT or P3RUN]

ポジション3ランまたはポジション3ダブルタイムの2セット勝負。
ポジション3ランを選ぶか、ポジション3ダブルタイムを選ぶかは自由です。

ビルドアップでダブルタイムへ加速。
1セット目は、ドロップでポジション3ダブルタイムまたはポジション3ラン64カウント。

一度減速し、ビルドアップで再加速。
2セット目も、ドロップでポジション3ダブルタイムまたはポジション3ラン64カウント。


🚲️07
Bird Set Free / Sia
4:12
[P3↑× RH:BPM150]
[TAP IT BACK]

タピバのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでタピバダブルタップ→シングルタップを2セット繰り返します。


🚲️08
Take Me to Church / Hozier
4:01
[P1↑× RH:BPM129]
[DUMBBELL]

ホバー&ホールドとスローアップ&ダウンのセット。

右手にダンベルを2本持って、左手はポジション1を持って立ちこぎポジション3。
右手を肩の高さで真正面に突き出して固定。
1セット目は、ホバー&ホールド64カウント。

左右ダンベルを持ち替えます。
左手を肩の高さで真正面に突き出して固定。
2セット目は、ホバー&ホールド64カウント
→スローアップ&ダウン8カウント。

ここで一旦座って、再び立ちこぎポジション3。
左右ダンベルを持ち替えて、右手を肩の高さで真正面に突き出します。
3セット目は、スローアップ&ダウン8カウント。


🚲️09
When We Were Young / Adele
4:50
[P3↑× RH:BPM144]
[TAP IT BACK]

再びタピバのセット。

リズムスタート。
開始しばらくして立ちこぎポジション3。
サビでタピバシングルタップ
→ダブルタップのセットを繰り返します。


🚲️10
Over and Over Again / Nathan Sykes
4:07
[P3↑× RH⇔DT:BPM129]
[P3DT / TAP IT BACK]

ポジション3ダブルタイムとタピバのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
しばらくペダリング後にダブルタイムへ加速。
1セット目は、ポジション3ダブルタイム64カウント。

立ちこぎのままリズムへ減速。
2セット目はタピバ。
ダブルタイムへ加速。
ポジション3ダブルタイム224カウント。

スポンサーリンク

BSL Hit 6のセットリスト

🚲️01
Mirrors / Justin Timberlake
[TAP IT BACK]

🚲️02
Locked Away / R.City feat.Adam Levine
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

🚲️03
Something in the Way You Move / Ellie Goulding
[SIDE TO SIDE / P3DT / CROUCHING]

🚲️04
Coming Home / Sigma & Rita Ora
[STANDING FAST]

🚲️05
Sugar / Robin Schulz feat.Francesco Yates
[BACK TO UP / CROUCHING / UP TO BACK]

🚲️06
Shot Me Down / David Guetta feat.Skylar Grey
[P3DT or P3RUN]

🚲️07
Bird Set Free / Sia
[TAP IT BACK]

🚲️08
Take Me to Church / Hozier
[DUMBBELL]

🚲️09
When We Were Young / Adele
[TAP IT BACK]

🚲️10
Over and Over Again / Nathan Sykes
[P3DT / TAP IT BACK]

スポンサーリンク

BSL Hit 6 体験直後の感想(レビュー)

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました