「BC HRST」の強度&セットリスト:FEELANYWHERE

FEELCYCLE「BC HRST(HARRY STYLES)」は、初級者〜中級者向けBody Conditioningシリーズで、レッスン使用曲にイギリスのボーイズグループOne Direction(ワン・ダイレクション)のメンバー「Harry Styles(ハリー・スタイルズ)」の楽曲を採用したアーティストプログラムです。

使用するハンドルポジションはポジション2とポジション3のみ。
FEEL ANYWHEREのみでの提供で、全6曲構成です。

1曲目のSign of the Timesと2曲目のLate Night Talkingは、他のプログラムで聞き覚えがあるはず。

  • 1曲目Sign of the Times:「BSW Hit 7」の上半身のストレッチソング
  • 2曲目Late Night Talking:「FEEL NOW」の2022年10月リリース版「BALCK」の7曲目

1曲目から長いのでお腹いっぱいになります笑

シラタキ
シラタキ

【筆者紹介】暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」歴5年のシラタキです。
レッスン受講総数はスタジオとANYWHEREを合計して1000本超。
根っからのHouse好きです。
ブログ「FEELCYCLIST」ではオリジナルの強度表とレッスンレポートを公開。
エックスではレッスン直後の感想を発信しています。

スポンサーリンク

BC HRSTの強度

他のBCシリーズと同様に、直近のBB2ヒットシリーズやFEEL NOWと比べて控えめです(低強度)

ランはありません。
ポジション3ダブルタイムが登場するのはラストソングのみ。
それも48カウント1本のみのため、脚への負荷はかなり低いです。

難しい動作もありません。
少しやりづらいと感じたのは、5曲目のエルボーダウンオフビートのリズム取りくらい。
座りこぎと立ちこぎの両方で同じ動作を繰り返しますが、座りこぎの方がやりづらいかな。

走破のポイント

プッシュアップとエルボーダウンのフォームを正す

ゆっくりとしたリズムでプッシュアップとエルボーダウンを繰り返します。
フォームのチェックに最適。
骨盤を立ててサドルに座り、お腹に力が入った状態で両動作ができているか。
肩や腕、手に余計な力が入っていないか。
プッシュアップでは二の腕に体重がかかっているか、エルボーダウンではお腹の収縮を毎回確認しながら。

バックトゥアップは大きく

数少ない曲の中バックトゥアップが多め。
バック時は普段よりも腰を引いたり、バウンスを抑制したりとアプローチの強化を。
ただしコンビネーションで登場するサイサイは肩だけブンブンにならないように注意。

エルボーダウンのリズムを掴む

リズム取りが少し難しい5曲目のエルボーダウンオフビート。
ダウンのタイミングは映像でのインストラクターさんの動きより、曲のビートに合わせると良さそう。

各曲の動作と強度

🚲01
Sign of the Times / Harry Styles
5:41
[P2↓P3↑× RH:BPM120]
[PUSH UP / ELBOW DOWN / TAP IT BACK]

プッシュアップ、エルボーダウン、タピバのセット。

リズムスタート。
サビで立ちこぎポジション3。
サビが終わると座ります。

1セット目は、プッシュアップ2カウント。

再び立ちこぎポジション3。
2セット目は、サビでエルボーダウンシングルカウント。
タピバ。
プッシュアップ2カウント。
サビでタピバ
→ダブルタップ。


🚲02
Late Night Talking / Harry Styles
2:57
[P3↑× RH:BPM115]
[BACK TO UP]

バックトゥアップのセット。
FEEL NOW「BLACK」の2022年10月リリース版と同じです。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、バックトゥアップ4カウント→2カウント。

2セット目は、バックトゥアップ4カウント→2カウント
→バックトゥアップ4カウント+2バックトゥアップ2カウント
→バックトゥアップ2カウント。


🚲03
Watermelon Sugar / Harry Styles
2:54
[P2↓× DT:BPM95]
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

プッシュアップとエルボーダウンのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ4カウント→2カウント。
エルボーダウン2カウント
→ライト&レフト
→シングルカウント。

2セット目は、4プッシュ4エルボー2カウント
→2プッシュ2エルボー。


🚲04
Adore You / Harry Styles
3:27
[P3↑× RH:BPM99]
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

サイサイ、バックトゥアップ、バックトゥサイドのセット。

リズムスタート。
開始まもなく立ちこぎポジション3。
1セット目は、サイサイ。
サビでバックトゥアップ2カウント。

サイサイ。
サビでバックトゥアップ2カウント。
バックトゥサイド2カウント。

2セット目は、サビでバックトゥサイド2カウント。


🚲05
As It Was / Harry Styles
2:47
[P2↓P3↑× RH:BPM89]
[ELBOW DOWN]

ひたすらエルボーダウンのセット。

リズムスタート。
1セット目は、エルボーダウンオフビート2カウント
→ライト&レフト。

しばらくペダリング後に立ちこぎポジション3。
2セット目は、エルボーダウンオフビートライト&レフト2カウント
→ボースハンド
→ライト&レフト。


🚲06
Music For a Sushi Restaurant / Harry Styles
3:14
[P2↓P3↑× DT:BPM107]
[PUSH UP / STANDING FAST / P3DT]

ダブルタイムでプッシュアップ、スタンディングファスト、ポジション3ダブルタイムのセット。

ダブルタイムスタート。
1セット目は、プッシュアップ2カウント。
ドロップでスタンディングファスト4カウント。

2セット目は、プッシュアップ2カウント。
ドロップでスタンディングファスト4カウント。
座ってプッシュアップ4カウント。
ポジション3ダブルタイム16カウント
→プッシュアップ2カウント(32カウント)

スポンサーリンク

BC HRSTのセットリスト

🚲01
Sign of the Times / Harry Styles
[PUSH UP / ELBOW DOWN / TAP IT BACK]

🚲02
Late Night Talking / Harry Styles
[BACK TO UP]

🚲03
Watermelon Sugar / Harry Styles
[PUSH UP / ELBOW DOWN]

🚲04
Adore You / Harry Styles
[SIDE TO SIDE / BACK TO UP / BACK TO SIDE]

🚲05
As It Was / Harry Styles
[ELBOW DOWN]

🚲06
Music For a Sushi Restaurant / Harry Styles
[PUSH UP / STANDING FAST / P3DT]

レッスンを受けたみなさんの感想を他のFEELCYCLISTへ届けてみませんか?

各レッスンレポートの末尾で紹介している「体験直後の感想(レビュー)」のコーナーに、私の感想と同様に、X(旧Twitter)での感想を掲載します。

感想掲載の流れ
  1. シラタキのXアカウントへ「掲載許可」とメッセージをお送りください。
    ※鍵付き(ポスト非公開)のアカウントは掲載できないため不可です。
    ※シラタキのXアカウントのフォロー有無は問いません。
  2. シラタキが「掲載許可」をいただいたアカウント及び投稿内容を見に行きます。
  3. シラタキが「掲載開始」を案内します。
    ※個別のレッスンについて言及された感想を掲載対象とします。
    ※掲載しても問題無さそうかシラタキが判断します。
    個々の判断にお答えできませんが、掲載を見送る例として下記等を想定しています。
    • インストラクターさんや他のFEELCYCLISTを誹謗中傷する感想
    • 個人を特定するような情報を含む感想

本ブログを閉鎖もしくは運用方針を変更するまで掲載し続ける予定でいます。
掲載を削除したい場合は、シラタキのXアカウントへメッセージでご相談ください。

より良い体験を届けられるよう改善していきます!
初めての試みで至らない点が出てくるかと思いますが、温かい気持ちで応援いただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました